FC2ブログ

日高見 超辛口純米酒

本日の家飲み 日高見(ひたかみ) 超辛口純米酒

fc2_2013-08-14_20-22-37-783.jpg  fc2_2013-08-14_20-23-06-672.jpg

 宮城県は石巻のお酒です。
 最近いただいた墨廼江同様の被災蔵ですね、いろいろなメディアで日高見の被災とその復興については取り上げられていたかと思います。

 今回頂くのはレギュラー品の超辛口純米(多分二回火入れかな…)。
 「超辛口」を名乗るお酒はめったに買わないのですが、今回親戚の集いへの差し入れとして購入しました。
 また、このお酒は去年私が初めて「燗上がり」というものを実体験したお酒でもあります。
 昨年このお酒の熱燗の印象があまりに強かったので、今年も燗にしていただこうと思います。

 一応最初は冷酒で。
 上立ち香はアルコールがほんのりと。
 含むと、整った旨みが輪郭を保ったまま舌の上で転がります。
 旨みは、少々の米の甘味と辛さを伴っていますが、超辛口という割にはバランスがとれている印象。
 とはいえ舌にはピリっとした刺激がきますね。
 後味は、舌の上にその刺激を残しつつ、キリっとキレます。

 さて、今回は直ぐに燗をつけます、それも60度の熱燗。
 まず、米の香りが凄く強くなりますね、アルコールも強いのですが、なかなか心地よい。
 さらに味わいも全体的に、特に旨みが濃くなりつつも、キツさはあまり増えず。
 う~ん、私はやっぱりこのお酒は燗の方が断然好みですね。

 値段・火入れの割には調った味わいと、明らかな燗上がりが魅力のお酒でした。
 ただ、これがぬる燗程度だと出ないんですよ、燗の世界は奥深すぎる…。
 これは比較的安価なスペックですが、日高見は純米吟醸クラスもいただいてみたいなあ。

fc2_2013-08-14_20-23-26-596.jpg

名称:日高見 超辛口純米酒
製法など:
精米歩合:60%
酒米:ひとめぼれ
アルコール度:16度
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社平孝酒造(宮城県石巻市)
製造年月:2013/6(24BY) (出荷2013/5)
購入価格(税込):1,260円/720ml
お気に入り度:7.9/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 日高見 純米

2013年08月29日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

墨廼江 純米吟醸 中垂れ

本日の家飲み 墨廼江(すみのえ) 純米吟醸 中垂れ

fc2_2013-07-28_15-04-25-124.jpg  fc2_2013-07-28_15-05-13-344.jpg
  
 宮城県は石巻市のお酒です。
 こちらを醸す墨廼江酒造は、同じ石巻市で「日高見」を醸す平孝酒造と同様に震災でかなりの被害を受けた、いわゆる被災蔵です。
 震災からある程度時間は経ったとはいえ、酒造りの復旧のためには並々ならぬ努力があったものと想像します。
 今さら「飲んで応援」というのはすこしおこがましいですが、事情に思いを馳せながらいただきます。
 
 こちらのスペックは麹米山田錦の50で、しかも中垂れ(中取り)なのに1,500円を切るという驚きの価格。
 「酒門の会」という酒販店の集まりでの、限定取扱い品であるとともに推奨品であるとのことです。
 明記はされてませんが、一回火入れかな…。

 上立ち香は爽やかな印象の吟醸香が強めに。
 含むと、フレッシュながら落ち着いた感じもする、濃厚な甘旨味が輪郭を整えつつ染み込んできます。
 旨味はフルーティーでしっかりとした甘味が主役ですが、同時にほどよい辛味と爽やかな酸味があり、とてもバランスがよい感じ。
 中取りらしいキレイさとも相まって、このバランスの良さは飲み飽きないですね…、いくらでもいけてしまいそうです。
 後味も、きっちりと酸渋が受け持ってスッキリキレます。

 なんというか、非の打ち所の無いタイプの美酒でした。
 あえて言うと、もう少しパンチのある旨味なり甘味があれば個人的に好みになるかな…。
 ただ、そういう指向で行くと、この味わいのバランスは壊れてしまうのでしょう。
 恐らくこれがこのお酒の完成形だと思わせるような一本でした、まさに万人向けですね。
 震災で全く損なわれていない、墨廼江の実力をひしひしと感じたひとときでした。

fc2_2013-07-28_15-05-37-655.jpg

名称:墨廼江 純米吟醸 中垂れ
製法など:中取り
精米歩合:50%
酒米: 麹:山田錦 掛:蔵の華
アルコール度:16度
酵母:宮城酵母
日本酒度:+3
蔵元情報:墨廼江酒造株式会社(宮城県石巻市)
製造年月:2013/3(24BY) (出荷2013/5)
購入価格(税込):1,418円/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年08月12日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

宮寒梅 プレミアム純米吟醸 三米八旨

本日の家飲み 宮寒梅 プレミアム純米吟醸 三米八旨(さんまいはっし)

fc2_2013-05-29_09-28-03-747.jpg  fc2_2013-05-29_09-28-46-169.jpg

 今回は、宮城のお酒、宮寒梅の限定品です。
 宮寒梅という名前は最近各所で良く聞くような気がするので、今回通販で購入してみました。

 限定品名称の「三米八旨」とは、「三つの米から末広がり(無限大)の旨さを」という意味を込めた造語とのこと。
 「三つの米」については裏面に詳細が書いてあります。
麹米:美山錦(二割) 歩合:45%
酒母:ひより(一割) 歩合:40%
掛米:愛国 (七割) 歩合:55%
 麹米と掛米で二種類の米を使ったものはよくありますが、酒母を加えて三種類というのは見たことがないですね。
 これだけ詳細に情報開示しているあたり、こだわりが感じられます。

 上立ち香はオーソドックスな吟醸香が強めに。
 含むと、フレッシュで透明感のある旨味がゆっくりと広がっていく感じ。
 旨味と甘味は拮抗する感じで、キツさを感じさせずキレを綺麗に感じさせてくれます。
 フルーティーというよりは、キレイな米の旨味といった味わい。
 渋酸味はきっちり裏方に回っている感じかな。
 インパクトはちょっと薄いような印象を受けますが、兎に角バランスの良さが印象に残ります。
 後味は、自然な感じでキレて文句無し。

 非常にバランスのとれた、欠点を感じさせないお酒でした。
 ただ、個人的にはどうにも印象に残らない感じでもありました、優等生過ぎるというか…。
 まあバランス型でも好きなお酒もあるので、これは純然たる好みでしょう。
 これもまた万人におすすめできるお酒の一つだと思います。
  
 お酒の好みというのは本当に難しいなあ。
 今度はレギュラー品に挑戦してみようと思いました。

 ちなみに、米の旨味を感じたので燗もつけてみました。
 やさしかった甘旨味がより表に出てくる感じです。
 全然味わいが崩れず、口当たりが柔らかくキレも相変わらず良しということで、かなり燗との相性は良いと思いました。

fc2_2013-05-29_09-29-06-296.jpg

名称:宮寒梅 プレミアム純米吟醸 三米八旨
製法情報:
精米歩合:本文参照
酒米:本文参照
アルコール度:16~17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:合名会社寒梅酒造(宮城県大崎市)
製造年月:2012/10(24BY)
購入価格(税込):1,680円/720ml
お気に入り度:7.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年06月07日 宮城の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

綿屋 純米吟醸 蔵の華

本日の家飲み 綿屋 純米吟醸 蔵の華

fc2_2012-12-27_12-43-54-577.jpg


 綿屋は昨年美山錦の純米吟醸の生酒をいただき、その濃厚で個性的な味わいは自分の中で即「お気に入りに追加」してしまうぐらいにストライクゾーンでした。
 最近たまたま池袋東武に行く機会があり、冷蔵庫の中に見つけたのを我慢できず買ってしまいました。
 どうやら新酒はまだ出ていないようなので、23BYです。

 ところで、表記上要冷蔵で生酒の表示が出ていないのでたぶん1回火入れだとは思いますが、そう明記されているわけでもなく、生詰めなのか生貯蔵なのかもよくわかりません。
 個人的に火入れに関する情報は、下手すると使用米以上に大事な情報だと思っているので、蔵元さんには是非とも明記を願いたいところです。
 保存方法にも関わりますしね。

 さて、上立ち香はアルコール混じりの吟醸香。
 含むと、最初はおやっと思うぐらい薄い印象を受けます。
 しばらく含んで舌で転がしていると、徐々にマスカットっぽい個性的な甘旨味と酸が出てきます。
 ただ、その旨みもちょっと細めで物足りない感じ。
 後味のキレはちょっとアルコールが残る感じですがまずまず。
 また、常温ぐらいで飲むと割と味わいは出てきますが、酸味のきつさが増す感があります。

 うーん、火入れのせいなのか、米の特徴なのか、濾過のせいなのか、1年の保存のせいなのかわかりませんが、折角の旨みが奥に引っ込んでしまった印象です。
 まあ実際は、すっきり系でちゃんとした味わいのある食中酒であるともいえますし、決していまいちなお酒ではないと思います。
 ただ、自分には生酒の記憶が鮮烈すぎて今回肩すかしをくらったような感じになってしまいました。
 自分の好みを改めて再認識した一本でした、次は絶対に生をいただこうと思います。

fc2_2012-12-27_12-44-24-441.jpg


名称:綿屋 純米吟醸 蔵の華
製法情報:
精米歩合:50%
酒米:蔵の華
アルコール度:15~16%
酵母:宮城酵母
日本酒度:+2
蔵元情報:金の井酒造株式会社(宮城県栗原市)
製造年月:2012/8(23BY)
購入価格(税込):約1,600円/720ml(レシート紛失…)
お気に入り度:7.1/10

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 綿屋 純米吟醸

2012年12月27日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

| 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP |

前のページ«