Shirakiku (白木久) 純米無濾過生原酒 

家飲み記録 Shirakiku (白木久) 純米無濾過生原酒 

20180118160036535.jpg  20180118160045595.jpg

 京都府京丹後市のお酒です。
 家飲み・外飲み含め、確か初めていただきます。

 最近は割と手当たり次第に未飲銘柄をチョイスしておりますが、これもその一本ですね。
 こちらについては見た目のインパクトも凄いと思います、ワインっぽい緑の750mlボトルで、あまり見ないガラス栓を使っていました(写真撮り忘れたなあ)。
 雰囲気的に、以前飲んだ参宮アンプレヴュを思い出しましたね、かなり勝負に出ているデザインかと。
 同蔵は他にも「銀シャリ」とか「バサラ」といった、日本酒離れしたインパクトのあるネーミングのお酒を出しているようです。

 スペック的に特筆すべきはやはり「丹後産コシヒカリ100%」で造られているということでしょう。
 酒造りに使うのは難しい飯米、それも地元産の米をあえて使う蔵には確固たる信念があって、実際お酒としてもレベルが高いものを出してくる印象があります。
 (例)風の森と秋津穂戦勝政宗とひとめぼれ一ノ蔵とササニシキ
 飯米の王ともいえるコシヒカリを60%まで削って醸したこのお酒、果たしてどのようなものでしょうか。

20180118160054243.jpg

 上立ち香はある意味想定通り、爽やかな酸を感じるフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、甘酸っぱい感じの旨味が勢い良く入ってきて、最後まで酸でギリギリ輪郭を保ちつつ、じわじわと染み入ってきます。
 味わいは、いかにもワイン系日本酒という感じの、酸が最初から最後まで主役を演じる味わいで、甘さの存在感も強く、渋味がちょっと重い印象もあたえるのですが、最終的には酸の働きでダレを防いでいる印象。
 後味は、ほんのりと渋味を口中に残しつつ、やはり酸が仕事をしてキレます。

 見た目通りの日本酒離れした甘酸っぱさが特徴的な、新世代の芳醇旨口さけでした。
 若干味がうるさい部分もあるのは飯米利用故かな…、ただ、とにかく酸の使い方が旨くて、最近の「こっち系」のお酒の中でもレベルが高い印象。
 また、酸だけじゃなくて甘味がちゃんとあるのが個人的には嬉しいです。
 実は結構凄いと思うのが、口当たりで度数17~18を感じさせないところなんですよね、それこそワイン党でも普通に楽しめるんじゃないかしら。
 白木久、次はまた別の、面白い名前のシリーズを飲んでみたいと思いました。

20180118160104753.jpg

紹介:「日本酒愉快者ブログ」さんの同スペックの記事
http://osakefunky.hatenablog.com/entry/2018/01/28/211156

名称:Shirakiku (白木久) 純米無濾過生原酒 
精米歩合:60%
使用米:コシヒカリ
アルコール度:17~18%
日本酒度:不明
蔵元情報:白杉酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/750ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 白木久 純米

2018年05月07日 京都の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 自然郷 SEVEN 純米吟醸 生酒 29BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 智則 純米吟醸 直汲み中取り 無濾過生原酒 29BY >>












管理者にだけ公開する