FC2ブログ

純米吟醸 「風」 (櫻芳烈)

家飲み記録 純米吟醸 「風」 (櫻芳烈)

20180220011101742.jpg  20180220011112178.jpg

 岡山県高梁市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 長期に渡った出張(+旅行時)現地購入酒紹介もついに最後の場所にたどり着きました、昨年桃の里と衝撃的な出会いを果たした岡山の「さかばやし」さんです。
 同店には岡山のお酒だけが大量に並んでおり、大部分のお酒が有料試飲可能という素晴らしいコンセプトのお店で、出張時立ち寄りには持って来いかと。

 で、今回は東京で見かけない未飲銘柄を3杯ほど有料試飲したのですが…、正直なところどれもピンと来ず、最終的にはジャケ買いすることになりました。
 自分的に合わなかった理由は明白で、どれも露骨に伝統的(二回)火入れ酒の味だったからですね。
 並んでいた中で生酒はどれも知った銘柄(和心とか大典白菊とか)で、もはや同じ土俵で戦っていない印象でした。
 
 購入したのは芳烈酒造(代表銘柄:櫻芳烈)のお酒です、見た目のインパクトで選びました。
 ただ、銘柄名見てどこの蔵が造っているのかさっぱり分からないっていうのはどうなのかな…
 スペックは雄町の55磨きと結構豪華、ただ多分加水火入でしょうね。

20180220011126986.jpg

 上立ち香は落ち着いた酸を感じる果実系の香りがそこそこに。
 含むと、ちょっと日本酒離れした、ちょっとだけ甘味を纏った酸味がスルスルと入ってきて、最後までその勢いを保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、若干水っぽさはありつつも変な雑味が無くてどんどんいける酸味メインの旨味が主役、、ただ火入れ由来なのか濾過由来なのかどうも昭和感のある含み香が伴ってしまうのが残念。
 後味は、やっぱり酸がしっかり引き取って、スッキリキレます。

 ほどほどの濃度の旨味を酸でスッキリ引き上げる、スイスイ系の甘酸酒でした。
 露骨な古臭さもなく、ラベルの印象通り今のトレンドを意識している感じはありましたね。
 ただ、このお酒だけ飲んでいるうちはそんなでも無いのですが、同時にいつも飲んでいるような銘柄の生原酒を飲んでしまうと、火入れ感と薄さをどうしても感じてしまいますね。
 同蔵は「有漢」という生原酒も出しているらしいので、次買うならそちらですが、果たして出会えるかなあ…

20180220011136073.jpg

名称:純米吟醸 「風」 (櫻芳烈)
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:芳烈酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:さかばやし(岡山市)
お気に入り度:8.2/9.0

■おまけ:岡山での飲み会時ギャラリー

20180220011018222.jpg  20180220011027369.jpg

20180220010940046.jpg  
 「瀬海」は嘉美心のPBらしいですね、やはり芳醇で甘さがあった印象。
 瀬戸内海産のお魚はとても美味しかったです。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月03日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< HARE 特別純米 生酒 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 若竹 純米吟醸 生原酒 杜氏厳選特別囲い >>












管理者にだけ公開する