FC2ブログ

残草蓬莱 純米 しぼりたて 生原酒

家飲み記録 残草蓬莱 純米 しぼりたて 生原酒

20180312152917919.jpg  20180312152926581.jpg

 神奈川県愛甲郡愛川町のお酒です。
 ブログでの登場は3回目ですね(昇龍蓬莱入れると4回目)、そこそこの頻度かと思います。

 前回の記事で書いた通り、こちらの蔵では28BYの時点でそれまでの杜氏が移籍しており、このお酒も新体制で醸されたものになります。
 今回自分としては、わざわざ杜氏の移籍元と移籍先のお酒を飲み比べるという、微妙に意地の悪い(笑)飲み比べを取り行ってみた次第です。
 ただ、実際この移籍は円満移籍だったそうで、たまにある杜氏と経営陣の対立みたいなゴシップ的ネタはないようです。(もちろんそれにこしたことはないのですが)
 
 スペックはあまり詳しい記載ありませんが、精米歩合75%、新酒しぼりたて生のお酒です。
 結構な低精白ですね、お値段も税抜1,250円とかなりお安め。
 インパクトのあるラベルデザインが店頭では目を引いていました。

20180312152936135.jpg

 上立ち香は…、むっほとんど無いですね、濃いめの果実的な香りがほんの仄かに。
 含むと、味が多い印象の濃い旨味がドドドと入ってきて、甘旨渋苦をそれぞれ感じさせながらゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、新酒の荒々しさをストレートにぶつけてくる、五味がそれぞれ遠慮せずに主張することでバランスを取る感じの、淡麗の真逆を行く濃厚さがあるもの。
 後味は、苦味を若干残しつつも、意外なほどちゃんとキレます。

 新酒らしく暴れん坊な感じながら、変なクセや飲みにくさはある程度抑えられている、なかなか面白い芳醇旨口酒でした。
 最近思うことですが、新酒第一弾はやっぱりちょっと荒いお酒が多いですね、今回もそんな印象です。
 ただ、精米歩合を考えれば十分な出来のような気もします、コスパ面では良好。
 また、昔飲んだグリーンラベルに方向性としてはやはり近いと思いますね、杜氏さんが変わってもしっかり味わいは受け継がれていそうだという印象も受けました。
 残草蓬莱、今後も注目してきたいと思います。 

20180312152945294.jpg

名称:残草蓬莱 純米 しぼりたて 生原酒
精米歩合:75%
使用米:不明
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:大矢孝酒造株式会社
購入価格(税抜):1,250円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

■せっかくなので飲み比べ記念写真

20180420171040829.jpg

 個人的には、今回は水府自慢の個性に軍配を上げたいと思います。
 が、スペックも値段も全然違うので、今後どっちが良さそうとはは当然言えません、両蔵とも引き続き注目ですね。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 残草蓬莱 純米

2018年05月01日 神奈川の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 初亀 特別純米 かすみさけ 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 水府自慢 10号 純米大吟醸生酒無濾過原酒 >>












管理者にだけ公開する