FC2ブログ

水府自慢 10号 純米大吟醸生酒無濾過原酒

家飲み記録 水府自慢 10号 純米大吟醸生酒無濾過原酒

20180118144711619.jpg  20180118144720819.jpg

 茨城県水戸市のお酒です。
 外飲みの経験はありますが、家飲みは初めてですね。

 こちらのお酒を選んだ理由については、ちょっと裏事情というか特殊なものがあるのですが、それについては昨年の時点で「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんが記事にしているので是非そちらをご参照ください。(サボリ)
 まあ要するにこのお酒は、一昨年まで神奈川の「残草蓬莱」を醸していた菊池杜氏が茨城の明利酒類に移籍して造っているものなので、ここは一度飲んでみたいとセレクトしたわけです。
 残草蓬莱自体は地酒激戦区東京で確固たる地位を築いている銘柄ですからね、実力はお墨付きと言えるでしょう。
 ちなみに実は昨年の第一弾を外飲みしているのですが、かなり個性的ながらも個人的には好印象でした。

 精米歩合は50のギリギリ純大、明利酒類が発祥元である協会10号酵母利用というのを前面に押し出しています。
 協会酵母の発祥蔵が、その番号をラベルにデカデカと載せるというデザインはどこかで見たような…確か秋田あたりで(笑)

20180118144728403.jpg  20180118144736250.jpg

 上立ち香は割りとハッキリメロンな香りがそこそこに。
 含むと、インパクトのある果実的な甘酸旨味がググっと入ってきて、ほんの少々のガスを纏いつつ、一瞬遅れて出て来る苦味でガッチリと引き締められながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やはりメロン的な甘旨味が主役、ただ酸味がちゃんとあって軽さを感じますね、苦味はいかにも新酒らしい感じで、全体としてフレッシュ感が強く、勢いでガンガン飲めちゃう印象。
 後味はあくまで酸メインで、苦味はほんの少々仕事をして、バッチリキレます。

 セメダイン的な硬質さを強く感じる、甘酸苦が独特のバランスを保つ、個性派スイスイ酒でした。
 よくよく感じると甘味はかなり控えめですね、むしろ酸の働きによる透明感や軽さがこのお酒の本質なのかも。 
 うーん何かクセになる謎の魅力があるなあ…ぜひ一度はお試しください。
 水府自慢、また他のスペックもいただいてみたいと思わせてくれるお酒でした。


 ガッツリ冷やすととセメダイン感が凄いことになりますね、セメダイン溶液に甘さを足したみたいというか…、常温近くが無難かと…
 ちなみに開栓後も結構強い感じで、セメダイン感もちょっとこなれてくる印象でした。
 やっぱりあまりないタイプだなあ…、居酒屋とかでより映えるかもしれません。

20180118144759810.jpg

紹介①:「日本酒感想日誌」さんの同スペックの記事
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-2044.html

紹介②:「日本酒愉快者ブログ」さんの同スペックの記事
http://osakefunky.hatenablog.com/entry/2017/12/22/214140

名称:水府自慢 10号 純米大吟醸生酒無濾過原酒
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:明利酒類株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.5/9.0(変化も考慮に入れて)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年04月29日 茨城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 残草蓬莱 純米 しぼりたて 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 吾有事 純米吟醸 初絞り生 >>












管理者にだけ公開する