FC2ブログ

西條鶴 無濾過純米酒 生酒 しぼりたて新酒 29BY

家飲み記録 西條鶴 無濾過純米酒 生酒 しぼりたて新酒 29BY

20180223104411261.jpg  20180223104419456.jpg

 広島県東広島市のお酒です。
 ブログでの登場は3回目ですね。

 少し話はズレますが、最近強く実感しているのが「新酒しぼりたて」「初しぼり」系のお酒は、結構当たり外れが大きいということだったりします。
 聞くところによると、多くの酒蔵は期中に造りを重ねていく間に、その年の米の特徴を掴んでいって、より細かく味を調整していくらしいですね。
 そういう意味だと初しぼりなんかはいわばプロトタイプなわけで、ある程度ブレるのは当然なのかも…
 日本人の初物好きもあって、初しぼりの時期は一種祭り的な感じでお酒が出てきますが、買い手としてはちょっとだけ慎重になる必要があるのかもしれませんね。

 閑話休題、今回いただくのは12月出荷の新酒しぼりたて。
 精米歩合65の無濾過生と、スペック自体は以前にいただいて非常に印象のよかったものと恐らく同じです、さていかがでしょうか。

20180223104428091.jpg

 上立ち香は結構濃い感じの甘さとセメダインが混じったフレッシュな香りがそこそこに。
 含むと、かなり濃厚な甘味が、少し裏に回った存在感の苦味を伴ってググっと入ってきて、あまり起伏を感じさせずにそのまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、メロン的果実を若干皮混じりで摩り下ろして砂糖をまぶしたような、甘味優勢かつ結構苦味のクセも感じるもので、良くも悪くも新酒らしさを感じますね。
 後味は、苦味を口中に残しつつ、ゆっくりと引き上げていきます。

 少々ダレ気味な甘味と、新酒らしい苦味がそれぞれ主張し合う、青々とした芳醇甘口酒でした。
 こういうお酒を飲むと、低酸でダレない甘味というのは非常に難しいということを改めて感じますね、逆に苦味・渋味でバランスを取る銘柄の凄さが浮き彫りになるといいますか…
 ちなみに、何気にあまり口中に保持しないでガブガブいくと、甘さが丁度良くてなかな良いかも…、新酒はこういう飲み方もありですね。
 西條鶴、次はまた別のスペックも試してみたいと思いました。

20180223104436974.jpg  20180223104446026.jpg

名称:西條鶴 無濾過純米酒 生酒 しぼりたて新酒 29BY
精米歩合:65%
酒米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:西條鶴醸造株式会社
購入価格(税抜):1,330円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 西條鶴 純米

2018年03月29日 広島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 而今 純米吟醸 愛山火入 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | たかちよ 「White X'masラベル」 無調整生原酒おりがらみ >>












管理者にだけ公開する