田光 特別純米酒 生酒 「Fantastic」

家飲み記録 田光 特別純米酒 生酒 「Fantastic」

20180118145109923.jpg  20180118145118429.jpg

 三重県三重郡菰野町のお酒です。
 ブログでの登場は意外にもまだ2回目ですね。

 田光は個人的には「知る人ぞ知る銘酒」という印象がありますね。
 酒質には非常に分かりやすい魅力(芳醇旨口系)があり生産量も僅少ということで、結構売り切れも早い感じなのですが、あまりプレミア銘柄的にはなっていない気がします。
 実際のところ、これだけ地酒のレベルが全体的に上がってくると、而今・花陽浴みたいに、センセーショナルな話題無く酒質だけでプレミア化に至るようなことは、もうあまりないのかもしれませんね(それにこしたことはないのですが)。

 閑話休題、今回は洒落た500mlボトル入りの特別品です、微発泡と紹介している酒屋さんもありますね。
 田光自体を久しぶりに見かけたのでセレクトしてみました。
 普通こういう特別な品については、どういうコンセプトで造ったかということがセットだと思うのですが(どういう人に向けているのか、名前の由来とか)、ラベルにあまり情報が無く蔵元ホームページも無いのでなんとも…
 まああまり深く考えずいただきます。
 

 上立ち香は完全にセメダイン系のキリリとした香りがそこそこに。
 含むと、高密度の甘旨味がしっかりとした口当たりで入ってきて、おりの苦味で輪郭を保ちつつ、じわじわと染み込んできます。
 味わいは、梨的な感じの甘酸が拮抗するところに、苦味がアクセントをつける印象の、どこか硬質な旨味が主役、意外とガス感は控えめで、若干チリチリするぐらいに留まっています。
 後味は、少々の苦味が引き取って、最後まで引き締まった感じでキレます。

 凝縮感のある旨味が魅力的な、グイグイイケる系の芳醇旨酒でした。
 そこそこ存在感のある甘味はあるのですが、嫌らしくない苦味がしっかりと仕事をして、飲み応えがありつつダレない感じになっていますね。
 ただ、微発泡というにはガスが少なすぎるかな(笑)、本当、(炭酸ガス注入しない)発泡日本酒って難しいみたいですね…
 田光、次はまた別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20180118145126681.jpg

名称:田光 特別純米酒 生酒 「Fantastic」
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
蔵元情報:合名会社早川酒造
購入価格(税抜):1,130円/500ml
購入した酒屋さん:新川屋佐々木酒店(人形町)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 田光 特別純米

2018年04月25日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 吾有事 純米吟醸 初絞り生 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | (ほぼ)29BYにごり酒特集まとめ >>












管理者にだけ公開する