FC2ブログ

黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」

家飲み記録 黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」

20180109130627711.jpg  20180109130637022.jpg

 福井県吉田郡永平寺町のお酒です。
 外飲み家飲みで結構な回数を飲んでおりますが、個別記事はなんとまだ二本目でした。
 
 このお酒は文京区千駄木の「伊勢五本店」さんのオリジナル商品のようです、天下の黒龍でこんなお酒を出せるのだから、蔵元との繋がりの深さを感じますね。
 実は以前に生原酒バージョンが出ていたようなのですが、その時は高速完売状態で買い逃してしまい、今回の火入れバージョンを待つこととなりました。
 ちなみに、生原酒については「しーたかの日本酒アーカイブ」さんが以前に記事にされています(「氷室」についての解説もあるので、興味があれば是非ご訪問を)。
 そちらではちょっと保存状態に難があったようで…、今回火入れになったのもそのあたりの事情があるんでしょうか。

 スペックは五百万石を55%まで磨いたアル添吟醸酒ということで、ここだけみると「いっちょらい」と同様の様です。
 ただ、原酒ですし、他にも違うところはあるんでしょうね、いっちょらいと比べるとお値段もお高め。 

 
 上立ち香は落ち着いた、しかし濃厚でクリーム感のあるお米っぽい香りがそこそこに。
 含むと、ガッツリと辛さ苦さを伴った極めて引き締まった旨味がグッと入り込んできて、最後までその印象を保ったまま喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、うーんメロンというよりはその皮を食べているような苦味と渋味、そしてアルコール的辛さが相まって非常にスパルタな感じがあります、ただバランスが崩れている感じはあまりないですね。
 後味は苦辛がガッツリ引き取ってキレます。

 細めの旨味に青さ苦さ辛さが絡みつく、引き締まりとキレに特化したようなインパクトのあるお酒でした。
 全体的にこのお酒はこういう風に作られたんだなあという納得感はありますね、ただ、コスパも含め個人的にはちょっとあまり魅力を感じませんでした。
 不遜にも言ってしまいますと、大黒龍が限定販売と銘打ってこの値段で売り出すには、ちょっとお粗末な完成度だなあと思ったというのが正直なところです、「良コスパ」かつ「落ち着きとまとまり」が魅力的ないつもの味を知っているだけに…
 何となく消化不良だったこともあり、黒龍については今期生酒もキープしました、いつかご紹介できるかと。

 開栓後は、開栓直後よりはキツさが和らいできたかな…、でもやっぱりスパルタは変わらず。
 ちょっと店頭売りを意識すぎて、引き締まりを重視しすぎた感があるお酒のような気がします。

20180109130645521.jpg

紹介:「しーたかの日本酒アーカイブ」さんの類似スペック(生原酒)の記事
http://sakearchive.hatenablog.jp/entry/Kokuryuu-himuro-namagen

名称:黒龍 吟醸原酒 「氷室オリジナル」
精米歩合:55%
酒米:五百万石
アルコール度:18.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:黒龍酒造株式会社
購入価格(税抜):1,750円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 黒龍 吟醸

2018年03月17日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< みむろ杉 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 おりがらみ 29BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 山本 深蒼 Midnight Blue 生原酒 >>












管理者にだけ公開する