ちえびじん 純米大吟醸 愛山 28BY

家飲み記録 ちえびじん 純米大吟醸 愛山 28BY

20171227150927654.jpg  20171227150938688.jpg

 大分県杵築市のお酒です。
 ブログでの紹介は6回目と、私にしてはなかなかのペースで飲んでいます。

 珍しく火入れ酒の紹介になりますね、当ブログでの割合的には1割未満かも…
 生酒については、「飲み飽きる」とか「飲み疲れる」みたいな評を良く聞くのですが、私の飲みスタイル的には、飽きたら次のお酒に行けば良いし、疲れたらそこで止めれば良いと常々思っていたりします。
 まあ私の場合はちょっと特殊ですが、日本酒業界で支配的な「量が飲める」方が良いお酒という考え方は、今となっては必ずしもそうでもないんじゃないかなあと。
 単純に好みを話す文脈ならともかく、無濾過生原酒をディスるときのお決まりワードになっている感じがあるのはちょっと悲しい感じではあります。
  
 完全に話が逸れました…。(常連銘柄だとなかなかネタがなくて)
 今回いただくのは、希少米(というか高級米)「愛山」の48%という豪華スペック、一回火入れです。
 お値段も少々お高めですが、スペックからいえば破格に安いといってよいでしょう、新商品らしいので飛びついてみました。


 上立ち香はほんのり熟した、紅茶的な香りが控えめに。
 含むと、程よい濃度の甘旨味が非常に柔らかい口当たりで入ってきて、裏方に渋味や熟感を感じさせつつ、最後まで優しく喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、程よく熟した果実的な甘旨味と、結構存在感のある渋味が相まって、まさに紅茶、アップルティー的な独特の世界を創り出しています、そしてとにかく纏まりが良い。
 後味は、やはり渋味が引き取って、自然に引き上げていきます。

 ちえびじん的なバランスの良い甘旨味が、さらに上品に落ち着いた印象の、極めてまとまりの良い万能酒でした。
 紅茶的な風合いも相まって、何となく「エレガント」という言葉が浮かびますね。
 単に生酒と同時に飲んじゃうとインパクト負けしますが、それこそ「飲み疲れた」タイミングあたりで飲むとその良さが染み込んでくるんじゃないかと思います。
 ちえびじん、実は紅白のアレも買ってあるので、次はそちらの紹介になると思います。

20171227150951331.jpg

紹介:「日本酒と競馬ブログ」さんの同スペックの記事
http://pitarosake.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

名称:ちえびじん 純米大吟醸 愛山 28BY
精米歩合:48%
使用米:愛山
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社中野酒造
購入価格(税抜):2,000円/720ml
お気に入り度:8.3(値段も考慮に入れて)/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月13日 大分の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 山本 深蒼 Midnight Blue 生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | イットキー 純米吟醸 しぼりたて 生酒 >>

まるめちさん、どうもです。
紹介&トラバ、恐縮です。
ありがとうございました。

僕は昨年に八反錦特純無濾過生原酒を初めてやって
心を打ち抜かれたので、今年は他スペックを色々と
試そうと考えていましたが、この愛山に関しては
まるめちさんがおっしゃるとおり生酒と比べると
インパクトに欠ける感じがして、アレ?ってなり
ました。

次回は、いま冷蔵庫に「裏ちえびじん番外編」が
あるのでそれでリベンジします!裏で?って感じは
しますが、そこは敢えてスルーして下さい(笑)

では、良い晩酌を。

2018年03月13日 P太郎 URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
こちらこそお世話になってます!

まあどうしても生と火入れを比べるとそういう印象になりますよね、私も全く同感です。ただ記事上ではちょっとそのあたりは考慮した方が良いかなあと思ってあんな書き方になっています。後、自分の場合お値段もネックでしたね(笑)
ちえびじんは生、火入れ、変わり種と、それぞれ違った魅力があると思うので、複数スペックの水平飲みはやる価値はあると思いますよ!

裏は私が飲んだころと変わりなければ、かなり濃厚かと思います。この愛山の次に飲むものとしては相応しいかと…

今後ともよろしくです。

2018年03月15日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する