FC2ブログ

花の香 純米大吟醸 「和水」 無濾過生原酒

家飲み記録 花の香 純米大吟醸 「和水(なごみ)」 無濾過生原酒

20180109130535471.jpg  20180109130544847.jpg

 熊本県玉名郡和水町のお酒です。
 当ブログでの登場は二回目ですね。

 花の香は個人的には「荷札酒」「赤武」と同様、新進気鋭銘柄の代表格だと思っている銘柄です。
 最近では「KURA MASTER」を含め色々なコンテストで良い成績を残しているようですね、蔵元ホームページにその旨しっかり記載しているところは如才ないというか、ネットによる情報発信の強みをよく分かっていると思います。(特約店一覧が無いっぽいのは玉に瑕だと思いますが…)

 今回いただく商品は、山田錦の50磨きの純米大吟醸ということでは前回いただいた「桜花」と同じですが、地元「和水」産のお米を使っているところがポイントのようです。
 これまた公式の商品紹介がちゃんとありますね、やはりテロワールを意識しているみたいです。

20180109130559621.jpg

 上立ち香はメロンクリームソーダ的なフレッシュかつ甘い香りが気持ち強めに。
含むと、やはりフレッシュ濃厚な甘旨味が勢い良く入ってきて、程々の苦味と酸味で輪郭を保ちつつ、ジュワワーっと染み込んできます。
 味わいは、新酒らしいインパクトのある甘酸旨味が芯にあって、アップルソーダ的な趣を感じさせつつ、あまりキツさのない苦味が複雑さと奥深さを添えている感じ。
 後味は、そのなかで酸味と苦味が後に残って、しっかりとキレさせています。

 いわゆるフレッシュフルーティー系の新酒の王道を往くような、個性よりもまとまりで勝負するお酒でした。
 桜花とそんなに印象は変わらなかったです、やはり獺祭的な部分があると言いますか。
 ただ、何というか平均レベルをしっかり超えている印象がありますね、何だかんだでこっち系味わいの分野は激戦区ですし、そんななかで評価されているだけのことはあると感じました。
 花の香、次は「梅花」とか、ちょっと離れたスペックのお酒も飲んでみようと思います。

20180109130618465.jpg  20180109130609742.jpg

名称:花の香 純米大吟醸 無濾過生原酒 「桜花」
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:花の香酒造株式会社
購入価格(税抜):1,574円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年03月09日 熊本の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< イットキー 純米吟醸 しぼりたて 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 桃の里 純米吟醸 無濾過生原酒 「ふな口一番」 29BY >>












管理者にだけ公開する