FC2ブログ

仁井田本家 特約店限定 生もと 純米大吟醸熟成酒 26BY

本日の家飲み 仁井田本家 特約店限定 生もと 純米大吟醸熟成酒 26BY

20171226120527283.jpg  20171226120536939.jpg

 福島県郡山市のお酒です。
 同蔵のお酒の登場は5本目ですね、詳しくは後述。

 こちらを醸す仁井田本家のお酒は、甘みの主役の「(金寶)自然酒」、キレと辛さが特徴の「田村」、その中間の味わいに設定した「穏(おだやか)」と3つのブランドに分かれているということは、以前の記事で書きました。
 (ちなみに自然酒については今期から「しぜんしゅ」とひらがなになったみたいです
 が、このお酒にはどれも書いてないんですよね、どうやら全国の特約店のうちでも数店舗しか扱われていない、限定品中の限定ものだとか…

 スペックは、当然有機栽培米利用で、精米歩合は50、裏ラベルによると仁井田本家初の純米大吟醸だとか…
 それを生もと、約2年熟成で出すんですから、やっぱり目の付け所が普通の蔵とは違っていますね、お値段も一升3,000円程度と非常に良心的。
 見た目的にはインパクトがあるというか、謎感(?)がある感じですね、カエルがチャームポイントかしら。
 
20171226120545402.jpg  20171226120554973.jpg

 上立ち香は熟成香までいかない熟したクリーム的(?)な香りがそこそこに。
 含むと、透明感のある旨味が水のように入ってきて、そこそこの熟感やほんのりとした辛さを纏いながら、程よい引き締まりを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、うーむバナナクリーム的なまろやかな感じの甘旨味がありつつ、熟感で雰囲気は落ち着ききった印象で、とにかく素直に飲み進められる印象ですね。
 後味は、ちょっと辛さも出てきてしっかりキレます。

 結構正統派という印象の、ほどよくバランスのとれたまろやか系熟成酒でした。
 熟成香はほとんどありませんでしたが、この落ち着きは新酒では出ないだろうと納得感があります。
 が、逆に特別感もあまりなかったかも…、晩酌的にじっくりやりたい人向けですね、私の好む自然酒直汲みとはやはり違う路線ではありました。
 ともかく、仁井田本家のお酒は今後も注目していきたいと思います。


 当然燗もイケるだろうとつけると…、む、熟感と辛さは増しましたが、あまり甘くならないなあ。
 何か薬臭さも出てきたような…、意外にも私にとって燗は鬼門だったかも。

20171226120603953.jpg

名称:仁井田本家 特約店限定 生もと 純米大吟醸熟成酒 26BY
精米歩合:50%
使用米:不明
アルコール度:15.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社仁井田本家
購入価格(税抜):3,000円ぐらい(レシート紛失…)/1,800ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2018年02月01日 福島の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 五橋 「five」 グリーン 純米生原酒 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 日置桜 純米 しぼりたて生原酒 「山眠る」 28BY >>












管理者にだけ公開する