咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 28BY

本日の家飲み 咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 28BY

20171113101600184.jpg  20171113101607878.jpg

 群馬県吾妻郡中之条町のお酒です。
 前回に続いての紹介となります。

 前回ブログ右側→のお気に入り銘柄について触れましたが、本当は他にもここに書きたい銘柄は大量にあったりします。
 寿喜心、百楽門、美寿々、超超久なんかはその筆頭グループですね、やっぱり首都圏であまり見ないお酒をこそ積極的に紹介していきたいという思いが、日本酒ブログ管理人としては大きいです。
 日誌係さんも最近の記事で似たようなことを書かれてましたが、やっぱり十四代而今花陽浴田酒飛露喜新政の繰り返しみたいな日本酒の選び方って、そりゃ美味しいだろうけどもったいないと思うんですよ。
 折角日本酒セレクトショップに通うぐらいのマニアになったのなら、自分に合う銘柄を探す楽しみを是非知ってもらいたいですね、ピッタリハマったときの感動ったらないですよええ。
 そして、当ブログがその一助にでもなれれば、そんな嬉しいことはないというものです。

 …また紹介するお酒と関係ない話題になってしまいましたが、蔵元ホームページも無いし、どうにもネタを探せなかったのでご勘弁を…
 スペックは、昨年同様、前回飲んだピンクラベルから精米歩合が3%だけ増えた、美山錦の58の純吟直汲み生原酒です。
 なお、こちらを空けたのは10月なので、前回からさらに一ヶ月ほど経っております。
 
20171113101621953.jpg  20171113101632651.jpg

 上立ち香は心地よく熟したマスカットの香りがそこそこに。
 含むと、落ち着いた印象の深みのある旨味が力強くかつ自然に入ってきて、ほどほど渋味で硬質な印象を添えつつ、最後までバランスを保ったままじわじわと染み込んできます。
 味わいは、完熟洋梨の甘旨味に渋味が奥行きを与えている感じの、複雑さがありながらぐいぐいイケてしまうタイプのもので、雑味の無さ、ガスの残滓がその飲み進め易さをさらに加速させます。
 後味は、ほんのりとした苦渋を舌先に残しつつ、力強くキレます。

 甘旨味を芯にしつつ、嫌らしくない苦渋を高密度に纏うことで、濃厚さと飲み飽き無さを見事に両立させたお酒でした。
 いやあ、こちらはあまり苦味が立っていなくて、とても美味しく飲めました、どこに違いがあるのかは分からないのですが…
 昨年と全く同じ2スペックを今回買ったわけですが、昨年同様こちらのあらばしりじゃない方が好みでしたね。
 咲耶美、29BYは是非とも新酒を買いたいと思わせてくれた一本でした。

20171113101640068.jpg

名称:咲耶美 純米吟醸 直汲み生原酒 28BY
精米歩合:58%
使用米:美山錦
アルコール度:15~16%
日本酒度:-2
蔵元情報:貴娘酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:仲沢酒店(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年12月17日 群馬の日本酒 トラックバック:0 コメント:8

<< 宝寿  特別純米 2017 無濾過生原酒  吟奏の会ヴィンテージ | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 咲耶美 純米吟醸 直汲み荒ばしり酒 生原酒 28BY >>

こんにちわ。

「咲耶美」ですか、初めて聞く銘柄です。
(僕はまだまだ若輩者ですね。)
まるめちさんのお気に入り銘柄入りするくらいの
銘柄なので今後はチェックしておきます。

この記事に登場する次点銘柄の「美寿々」ですが
近所のスーパーに新酒(純米吟醸無濾過生原酒)
が並んでおり、普段から地酒に大して力を入れて
無いスーパーということと、僕が「美寿々」をよく
知らなかったことで、最初はスルーしていましたが
この記事を読んで慌てて買いに走りました(笑)
(まだ沢山並んでいたので無事に買えましたけどね。)

「純米吟醸無濾過生原酒」と「本醸造活性にごり」
をゲットしました。飲んだら記事にします!

でも、レマコムの最後のスペースだった2本分が
この2本で埋まってしまったので、しばらく先に
なりそうですけど。

後、すいません。事後報告になってしまいますが
まるめちさんのブログを僕のブログでリンクさせて
いただいております。
ご報告が遅くなって申し訳ありませんでした。

2017年12月18日 P太郎 URL 編集

どうもです!いつもお世話になっております。
僕も日本酒感想日誌さんの件の記事は読んでました。花陽浴ばかり飲んでいる僕としては、非常に耳が痛いです。

さて、咲耶美ですが27BYのピンク、それから夏の青ラベルを家飲みした記憶があります。
確か「甘くて綺麗だけど、どこか薄い」といった感想を抱いたことを覚えています。
もしかしたら年やスペックによって、結構な違いがあるのかもしれませんね。
首都圏ではあまり見かけませんが、小山商店さんで取り扱いがあります。4合瓶も入荷があるので、近くに行かれることがあれば立ち寄ってみてください。
次に見かけることがあれば、僕も久しぶりに飲んでみようかと思います。

2017年12月18日 すん URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
咲耶美、美寿々含め、特に自分の好みのお酒については、「【超】お気に入り」タグに纏めているので、是非ご参考にしていただけると…

美寿々は日本酒飲み始めの時からお気に入りの銘柄ですね。純吟の新酒はわりと万人にオススメできる酒質かなあと思っています。
スーパー販売ということでちょっと保管状態が不安ではありますが、是非楽しんでください。記事も楽しみにしています!
(あまり合わなかったら、正直に書いてくださいね)

リンクとそのご報告ありがとうございます!
こちらからもリンク追加しておきました、相互リンク仲間ということで、今後もよろしくお願いします。

2017年12月19日 まるめち URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
いやいや、すんさんはガンガン新規開拓もしているじゃあないですか。北勇なんてビビりましたよ(笑)
私が勿体無いと思っているのは、(有名)銘柄固定でループさせちゃう人って感じですね。

咲耶美については、まだ私も2スペック、4本しか飲んでないですからね… 夏酒は未飲ですが、それが薄いというのはわかる気がします。ただ27BYのピンクは個人的には薄い感じは無かったですね、ロットの差か、感じ方の差なのかも…

しかし、小山商店さんで扱いがあるとは知りませんでした!これは心強いなあ(笑)
同店は場所的に行きにくくて、実はまだ訪問できていなかったりします。昔からずっと行きたいと思ってはいるのですが…
こういうのは思い切りですし、今年は絶対行こうと思います!

2017年12月19日 まるめち URL 編集

かなり前の記事にコメントすみません。
実は昨日、群馬に旅に行き貴娘酒造さんに伺ってきたので書かせてもらいました。田んぼの中にある小さな酒蔵でメイン銘柄は貴娘、咲耶美は特約店用に別ブランドとして出しているようでした。なので蔵では限定100本の貴娘亀口取り純米生原酒を買い、帰りに特約店によって咲耶美の夏囲い、うすにごりを買って帰ってきました。(温泉行ったのに一升1本、4合4本買っちゃいました)
飲み比べてみてどう違うかをまたコメントさせてもらえればと思っています。

2018年06月09日 さざび URL 編集

>さざび様、コメントありがとうございます。
前の記事にコメントもらえるのはむしろ嬉しいですよ!
しかも貴娘酒造さん探訪記とは…凄く素敵なお話です。地元じゃない限り貴娘は買えませんしね、しかも亀口取り純米生原酒なんてよだれが出ますよ…(笑) まあ多分、さざびさん的には好みの路線なんじゃないかな…

飲み比べ感想、凄く貴重な情報だと思います。是非コメントください!

2018年06月09日 まるめち URL 編集

お疲れ様です。
早速、貴娘亀口純米生原酒、咲耶美の夏囲い、うすにごりを飲み比べてみました。
3つとも濃厚旨口で自分の好みの味でしたが、夏囲いはアルコール感が強くすっきり感があり、うす濁りは最後に少し甘苦味が来る感じで同じ美山錦でも変わるんだなと再認識させてくれました。貴娘亀口は使用酒米は不明ですが最後まで喉に残る旨さがあり一番気に入りました。惜しむらくは簡単に再購入ができないことですね・・・次は日を置いてどう変わるかを確かめようと思います。

2018年06月11日 さざび URL 編集

>さざび様、コメントありがとうございます。
早速の感想、非常に参考になります!
取りあえず基本路線として好みということで良かったです。個別の感想を見る限りでは、大体蔵元さんの意図通りの味わいになっているんじゃないかと思いますね。
そして、やはり貴娘亀口が一番でしたか。入手は多分絶望的なので、なかなか辛いところですね…
開栓後変化は若干心配ですが、激しく落ちないことを祈ります。

2018年06月12日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する