FC2ブログ

緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」

本日の家飲み 緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」

20171002222018828.jpg  20171002222028736.jpg

 新潟県魚沼市のお酒です。
 実は家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 緑川については、少なくとも地元では有名で、全国区でもちらほらと名前を聞くような銘柄という印象が有ります、口コミサイト「日本酒物語」でも新潟県ランキングトップ10に入ってますしね
 が、今回びっくりしたのは、ちょっとググった限りでは、蔵元ホームページが見当たらなかったことです。
 確かに小規模蔵には無いところも多いのですが、この知名度で作らないっていうのは今日日なかなか思い切った選択かと…
 まあ確かに、かの十四代の高木酒造も無いですし、ターゲット層に十分な知名度が既にあるなら、それもアリなのかもしれません。(ただ、ブログ書きとしてはネタに困りますね…)

 さて、今回いただくのは、限定品である雪洞貯蔵酒「緑」の、さらに限定品である生酒バージョンとなっています。
 商品コンセプト自体は裏ラベルにしっかり記載されていますね、ただ使用米等のスペック情報は少な目。


 上立ち香は爽やかな落ち着いた印象の香りがそこそこに。
 含むと、まろやかな印象の旨味が自然な口当たりで入ってきて、ほどほどの甘さを感じさせつつも、優しい酸味でしっかりと輪郭を保ちつつゆっくりと染み込んできます。
 味わいは、いわゆる熟成香は皆無で、まさに新酒が素直に落ち着いた印象の、若干爽やかさも残った甘酸が主役、そしてマイナスになるような苦味等は皆無で、最初から最後までその味わいを純粋に楽しめます。
 後味は、酸味が引き取る形で力強いキレ。

 まろやかさとキレをしっかり両立させつつ、雑味が全くないいくらでも飲めてしまいそうな完成度の高いお酒でした。
 うーん、これはまさに、「嫌いという人がほとんどいないであろう系」のお酒ですね…。
 とんがった個性を排し、生熟の魅力の優しい部分を磨き上げたような、とても丁寧に設計された印象の味わいです。
 緑川の実力を感じた一本でした、今後も限定品と出会えたら買ってみたいところです。

20171002222036740.jpg

名称:緑川 純米吟醸 雪洞貯蔵酒 緑「生」
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:15.5%
日本酒度:不明
蔵元情報:緑川酒造株式会社
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店(吉祥寺)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 緑川 純米吟醸

2017年12月09日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 不動 山廃 純米吟醸 吊るし搾り 20BY 「シマヤ限定」 >>












管理者にだけ公開する