FC2ブログ

正雪 純米吟醸 愛山

本日の家飲み 正雪 純米吟醸 愛山

20171002221859125.jpg  20171002221906915.jpg

 静岡県静岡市のお酒です。
 ブログでの登場はまだ3回目ながら、外飲み含めると結構な回数飲んでいる銘柄です。

 この純吟愛山については、以前外飲みの際偶然にも別の2つのお店で「オススメのお酒」として出てきたということが印象に残っています。
 同時期とはいえ何百・下手したら何千と酒類がある中での被りですからね…、そして飲んでみると、確かに銘酒居酒屋の店員さんのセレクトにも頷ける確固とした完成度のあるお酒でした。
 以前は一升瓶しかなかったと思いますが、28BYでは四合瓶が出ていたので、速攻で確保した次第です。

 スペック的には愛山の50%磨きという極めて贅沢なもの。
 しかしながらお値段は通常の純吟並みと極めて良心的…、というかこれ完全におかしいレベルですね。
 (単純な比較はできませんが、同じ静岡の磯自慢は愛山50の大吟醸を倍以上の値段で売ってます)


 上立ち香はフレッシュさの残るバナナ的な香りがそこそこに。
 含むと、若干青さを纏った感じの極めて濃厚な甘旨味がググっと入ってきて、少々の酸味と時間差で出てくる柔らかな辛さでしっかりと引き締まりつつも最後まで存在感を保ちじわじわと染み込んできます。
 味わいは、まさにバナナシェーキといった感じの濃厚で存在感の有る甘旨味が厳然たる主役を演じ、酸辛はバッチリ裏方に徹して、雑味無しでひたすらその旨味を楽しめます。
 といいつつも、後味は辛さがしっかり引き取ってガッチリキレるのは素晴らしい。

 濃厚でクリーム的まろやかさのある甘旨味がありつつ、全くダレるところの無い玄妙なバランスのある、バナナ系芳醇酒でした。
 バナナ的味わいの日本酒というのは結構ありますが、このお酒ほどハッキリしているのはそうはないでしょう。
 また素晴らしいと思うのは、昨年飲んだ時と印象がほぼ変わらないということですね、最近(というか28BYの経験で)この「造りの安定性」を保っている蔵がどれだけ凄いかということを実感しております。
 正雪は今後も安心して飲める銘柄だろうと信頼を強めた一本でした、見かけたら即買い推奨!

20171002221922468.jpg  20171002221914761.jpg

紹介:「日本酒と競馬ブログ」さんの同スペックの記事
http://pitarosake.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

名称:正雪 純米吟醸 愛山
精米歩合:50%
使用米:愛山
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社神沢川酒造場
購入価格(税抜):1,500円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年11月27日 静岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:6

<< 水鳥記 特別純米酒 直汲み生原酒 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 桃の里 純米吟醸 「山桃花」 >>

はじめまして。

いつもまるめちさんのブログは参考にさせて
いただいております。
気になる銘柄があると取りあえず、まるめちさんの
ブログを検索し記事があるか確認するレベルです。

じつは僕も稚拙な内容ですが、日本酒ブログを
半年程前から始めており、20代から始める~の
すんさんの日本酒ブログでもまるめちさんを何度も
お見かけしており、いつかコメントしようと思って
おりました。(まるめちさんは人気ブロガーの方
なので、正直ちょっと躊躇しておりました。)

当方、静岡在住でこの正雪の同スペックは僕も飲み
ました。正雪の中でも甘口の部類でしたが、キレも
あり、とてもバランス良く美味しかったお酒でした。

正雪は28BYで杜氏の山影さんが引退してしまった
ので29BYからは新体制での正雪となる模様です。
楽しみではありますけど。

では、これからもブログ参考にさせていただきます。

2017年11月27日 P太郎 URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
ご愛読いただいているとのこと、とても嬉しいです!少しでも銘柄選定時のお役に立っていればありがたいですね。

実は私もP太郎さんのブログを、すんさんのブログのリンクやFC2の足跡経由で、ちょくちょくチェックさせていただいてます。
ブログ仲間が増えるのは嬉しいし、コメント貰えるのはさらに嬉しいですよ~ なんか皆さん遠慮されがちみたいですが(笑)、私としてはどんどんコメントいただきたいと常々思っております。

ということでこの正雪の記事も既に拝見しております。杜氏引退のお話もパクろうかと思ったのですが(笑)、スペースの関係で止めておきました。
折角なのでリンク&トラバさせていただきますね。

ちなみに最近熱海に行く用事があって、「若竹」「喜平」「出世城」の3本を買ってきましたよ。感想記事は数か月後になってしまいそうですが…
静岡もまだまだ掘り下げがいがありそうだと思いました。

それでは、今後ともよろしくお願いします!

2017年11月28日 まるめち URL 編集

どうもです!いつもお世話になっております。

正雪の愛山ですか~、なんだかまるめちさんの正雪記事はずいぶん久しぶりな気がしますね。
正雪ファンを自称する自分ですが、このスペックは未だ飲めておらず・・・とても羨ましいのと共になんだか悔しい気分です(笑)

杜氏さんについての話も・・・と思ったのですが上でP太郎さんが書かれていますね。どうやら僕は来るのが遅すぎたようです。

実は週末に静岡に行く予定だったりします。
とても興味のあるスペックですし、まるめちさんの評価も高そうなので、ダメもとで探してみようかと思います。

2017年11月28日 すん URL 編集

こんばんわ。

まさか僕のブログ読んでいただいていたんですね。
恐縮です。しかもトラバまでして頂きありがとう
ございます。

ではこれからは、躊躇なくコメントさせていただき
ますね(笑)宜しくお願い致します。

「若竹」「喜平」「出世城」ですか!
僕は若竹と出世城は飲んだことがありますが喜平は
未飲ですね。

まるめちさんならご存知だと思いますが「若竹」は
「おんな泣かせ」が有名でちょうど今の時期に流通
しているかと思います。

「出世城」は静岡で唯一の女性杜氏の蔵ですね。
ちょっと前に「喜平」の平喜グループに吸収され
ました。

そして「喜平」はもともとは岡山県でここ数年前に
静岡蔵ということで静岡でもスタートした蔵ですね。静岡県では一番新しい蔵です。
たしか「喜平」の銘柄では岡山蔵と静岡蔵で両方で
展開していると思います。

まるめちさんの記事、首を長くして楽しみに待って
いますね。

では、また。良い晩酌を。

2017年11月28日 P太郎 URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
正雪の前回は大体1年前ぐらいでしょうか。私の場合とにかく色々な銘柄をいただくことを指向しているので、間が開きがちです…
この愛山については、とにかく私好みではありますね。でも、方向性としてはすんさんのお口にも合うんじゃないかなあ。
ただ数は相当少ないようなので、入手に関しては祈るしかないかと(笑)

静岡酒については、P太郎さんからも早速また情報いただいたので是非ご参考に…
実際、ちゃんとした酒屋さんさえ見つかれば、セレクトには困らない県だと思います。

2017年11月30日 まるめち URL 編集

>P太郎様、コメントありがとうございます。
私は日本酒オタク兼日本酒ブログオタクを自認してますので…(笑)、当然チェック対象です。
今後とも、同じブログ仲間として頑張っていきましょう!

静岡酒について色々と情報ありがとうございます。多分記事のネタとして使わせていただくことになるかと(笑)

若竹については、「おんな泣かせ」はちょっと高いので「鬼乙女」を前から狙ってはいました。ただ、今回は限定品の生酒が店頭に並んでいたので即決購入しております。

平喜酒造は面白い展開の仕方してますよね。蔵元ホームページにはその辺りの記載もありますが、まさに蔵に歴史ありといった感じで面白いと思いました。
また、出世城との関係は知りませんでした。最近は日本酒蔵も本当に再編が激しいですよね。
ちなみに出世城はちょうどしぼりたて生が出てきていたので、それをセレクトした次第です。

ではでは。

2017年11月30日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する