栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 酒未来 28BY

本日の家飲み 栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 酒未来 28BY

20171002221932875.jpg  20171002221942574.jpg

 山形県鶴岡市のお酒です。
 当ブログでの登場はついに10回目となりました、もはや定番銘柄入りですね。

 この酒未来は栄光冨士を初めて家飲みしたスペックであり、個人的に強く印象に残っています。
 私が好むところであり、良く「流行りの酒質」として言われることの多い、「甘旨(酸)」「フレッシュ」「フルーティー」「インパクト強し」という味わいの路線を象徴する様なお酒という認識ですね。
 ちなみに私としては、未だに一般消費者の間では「淡麗辛口」が支配的だというのが実感なので(テレビCMの恐ろしさよ)、こういうお酒の存在をブログでアピールする意義はまだまだあるかと思っております。
 (まあ、そういう一般消費者がわざわざ日本酒ブログを見るかと言われると微妙ではありますが…)
 
 閑話休題、スペック的には、酒未来の50磨きというのは以前と変わらず。
 何気に日本酒度とかアミノ酸度もあまり変わっていないですね、造りとしては安定しているのかも。

20171002221953383.jpg

 上立ち香は甘味濃厚なパイン系の果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり濃厚な印象の甘旨味が少々の酸味を纏ってグワッと入ってきて、その酸が少々唾液腺を刺激しつつ、ほんのりと苦味を裏方に感じさせながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、パインの砂糖漬けのような甘酸をメインに据えつつ、苦味や渋味もそれぞれに主張する賑やかな印象のもので、インパクトと飲みごたえバッチリという感じです。
 後味は結構ちゃんと酸苦が引き取って、力強くキレる印象。

 強いインパクトのある甘旨味がそのまま確固たる個性を形作っている、複雑芳醇甘酸旨酒でした。
 いやあ、前回の澤屋まつもとが引き算のお酒なら、このお酒は明らかに「足し算のお酒」ですね、そして私はやっぱりこちらの方が好み(実は飲み比べてました)。
 ただ、好みが分からない人に最初に勧めるのはちょっと躊躇しますね、個性が有る分相性は露骨に出るとは思います、そういう意味では澤屋まつもとの方がオールラウンダーでしょう。
 ともかく、栄光冨士に対する私の期待に見事に応えてくれた一本でした、是非ともこの個性を維持していってほしいと思います。


 開栓後は、数日飲んでなんか上がったり下がったりする印象でした…
 この意味では安定感があるとは言い難いでしょう、基本は早めに飲み切ることを推奨します。

20171002222008227.jpg

名称:栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 酒未来 28BY
精米歩合:50%
使用米:酒未来
アルコール度:15.9%
日本酒度:-4
蔵元情報:冨士酒造株式会社
購入価格(税抜):1,800円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年11月04日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 作 IMPRESSION type-M 純米吟醸原酒 無濾過直汲 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 澤屋まつもと 守破離 山田錦 純米大吟醸 >>

昔、まだ飲み始めた時にこのお酒を飲みました。まだまだ飲み始めたばかりのときだったので、あまり美味しいと感じませんでした。その時は栄光冨士の中だとワイン酵母を使ったsnake eyeが美味しいと思いましたね。確かモツやらと合わせて飲んだら美味しかった記憶があります。最近はGMFという栄光冨士のやつを買って飲んだのですが、そちらはキレイすぎて食事に合わせづらいなと感じました。私も今度酒未来があれば、買おうかなと思います。昔と味覚の趣向が変わったので、どんな風になるか楽しみです。

2017年11月05日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
いやあ、記事本文にもある通り、この酒未来が好みかどうかは相性の問題になるかと… ある程度雑味を許容する覚悟も必要だと思います。
そして龍力大好きさんの好みに合うかと言われると、かなり不安が(笑) 実際私は前にスネークアイ外で飲んだことありますが、こちらは正直口に合いませんでしたし…
ただまあ、とにかく方向が分かりやすい銘柄なので、自分の今の好みの位置を確認するには良いのかもしれません。もし飲まれたら是非ご感想をお願いします!

2017年11月06日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する