FC2ブログ

金雀 純米吟醸 しぼりたて

本日の家飲み 金雀 純米吟醸 しぼりたて

20170330102307919.jpg  20170330102316399.jpg

 山口県岩国市のお酒です。
 飲み経験については後述。

 金雀については当ブログでは銀座「酒の穴」の外飲み紹介記事にて取り上げていますが、それから出会いが無く、今回は実に約4年半ぶりにいただいたことになります。
 たまに名前は見かけていて頭の片隅には残っていたところ、吉祥寺の「大阪屋酒店」さんの店頭に生酒が並んでいたため、これ幸いとセレクトした感じですね。
 ちなみに同店のセレクトは非常に個性的で、当ブログイチオシの「井の頭」と日誌係さんイチオシの「あべ」を両方扱っている日本でも唯一の酒屋だと思われます(適当書いてますが、実際他にもあったらすみません。というか是非教えてください)
 金雀も、東京の酒屋店頭で見たのは確か初めてでした。

 ラベル記載のスペック情報は実に貧弱で、精米歩合55%であること以外はあまりわかりません。
 蔵元ホームページも全体的に記載が足りない感じですね…、ただ何気に過去8年で7回金賞受賞とか凄いことが買いてありますね。
 製造年月は1月で、開栓日は6月と、そこそこお店で寝ています。

20170330102424342.jpg

 上立ち香は濃厚でクリーム的な甘さを感じる香りが気持ち強めに。
 含むと、濃厚ながら柔らかさのあるふくよかな甘旨味が力強く入ってきて、ほんのりとした苦味とアルコール的辛さでしっかりと輪郭を保ちつつ、最後まで存在感を放ちながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、完熟した洋梨的な非常に濃厚な甘旨味が主役で、そこに苦味が複雑さをそえるパターンですね、割とにぎやかながら飲み疲れる感じではないかと。
 後味は苦味が引き取って、強烈に引き上げます。

 程よく味が乗った、非常に存在感のある芳醇甘旨苦辛酒でした。
 一口目は苦味が強いように感じますが、これは飲み進めると慣れるタイプの苦味かな…、ただ苦手な人は苦手かも。
 この複雑さの魅力を保ちつつ、もう少しだけ優しい感じになってくれると、個人的にはいうことないです。
 金雀、今後も期待しつつ、また他のスペックも試してみたいと思いました。

20170330102431733.jpg

名称:金雀 純米吟醸 しぼりたて
精米歩合:55%
使用米:不明
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社堀江酒場
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:大阪屋酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 金雀 純米吟醸

2017年08月21日 山口の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 梅乃宿 生もと純米 奈良流 五段仕込 無濾過生原酒 26BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  28BY >>












管理者にだけ公開する