FC2ブログ

基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY

本日の家飲み 基峰鶴(きほうつる)  純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY

20170726100714456.jpg  20170726100724509.jpg

 佐賀県三養基郡基山町(みやきぐんきやまちょう)のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 東京の居酒屋でもあまり見かけない銘柄だと思います、うのかわ酒店さんでの通販時に、新規銘柄チャレンジの一環としてセレクトしました。
 ただ、何となく名前は前から聞いたことがあり、各所の評判を見る限り「これはいけるはず」という印象を持てたので、今回米違いを2本同時発注で飲み比べと洒落こんでみました。
 蔵元ホームページは結構ちゃんとしている感じで、特約店一覧もあるのは素晴らしい!(現状うのかわさんの掲載が間に合ってませんが…)
 地酒激戦区である佐賀県のお酒というのもポイントですね。

 まずは「酒米の王様」たる山田錦使用、それも50磨きという最近流行りのスペック。
 この鶴をモチーフにしたモダンなラベルは、限定流通ものらしいですね。
 製造年月がH28/12で、開栓がH29/6なので、半年ぐらい店頭で生熟したお酒になります。

20170726100758708.jpg
  20170726100746538.jpg

 上立ち香は落ち着いたマスカット的甘みのある香りがそこそこに。
 含むと、まろやかな印象の濃厚な甘味が柔らかい口当たりで入ってきて、最後までその印象のままゆっくりと口中に広がっていきます。
 味わいは、割りと香りの印象通りのマスカット的ふくよかな甘旨味が最初から最後まで主役を演じますね、バニラ的な奥深さもあって非常に飲みごたえがあります。
 後味は、奥に引っ込んでいた苦渋が表に出てきてしっかりとキレます。

 非常にまろやかで優しい、おちついた芳醇な甘旨味をじっくり素直に楽しめる、程よい生熟酒でした。
 酸は弱めで苦渋で引き締めるタイプなので、ちょっと飲み疲れる感はあるかも(多分熟感のせい)。
 ただ、それを補って余りあるほどに甘旨味の魅力が素晴らしい!28BYの山田の50なのに苦味などの嫌な要素が無いのも特筆すべきで、個人的には大好きなタイプです。
 次回はもう一つの基峰鶴をご紹介します。

 熟感については出荷から半年ほど経っているので、まあ参考までに。
 ただ、そのくらいでは露骨にダレたり崩れたりするお酒では無いということはお伝えしておきます。

20170726100808055.jpg

名称:基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦  28BY
精米歩合:50%
使用米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社基山商店
購入価格(税抜):1,650円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年08月17日 佐賀の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 基峰鶴 純米吟醸 無濾過生原酒 雄山錦  28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 万齢 特別純米 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する