FC2ブログ

ソガペール エ フィス「ヌフ」ミヤマニシキ

本日の家飲み ソガペール エ フィス「ヌフ」ミヤマニシキ
         (Sogga pere et fils 「Neuf」)

fc2_2013-04-09_22-57-38-993.jpg  fc2_2013-04-09_22-59-15-824.jpg

 今回は、前から一度家飲みしたいとずっと思っていたお酒です。
 普段は和ワインを造っている小布施ワイナリーが極少量醸す日本酒離れした日本酒、ということで評判は聞き及んでいました。
 個性派が揃う長野酒のなかでも一際異彩を放つ銘柄かと思います。
 
 まあそもそも外観からしてどう見てもワインですね。
 銘柄を前から知っていて、日本酒の冷蔵庫に入っていても、いざ買おうとする段にはどうしても不安になります(笑)。
 何気に750ml入りなのはちょっとお得感があるのですが、栓が瓶ビールのような王冠栓なのは、栓抜きすら持っていない私にはちょっと不便だったり(スプーンでこじ開けました)。

fc2_2013-04-09_22-57-10-769.jpg

 ちなみに、酒屋さんにはこれ以外に酵母違い(確か6号と7号)もありましたが、今回は初心者向けっぽい9号系で醸された「ヌフ」をセレクト。
 ここらあたりは表ラベルが読みにくい分、裏ラベルに詳細な解説があるのがありがたいところです。

 せっかくなのでワイングラスに注いで、カマンベールチーズとともにいただきました。

 上立ち香からして個性的で、酸が立っている甘い香りという感じながら、印象としてはスッキリして心地良し。
 含むと、酸を強く感じますがそれはお酢でなくあくまで果実の酸味で、甘味混じりのフルーティーな味わいになっています。
 主役は甘味中心の旨味で、濃厚ながら酸味がうまいことフレッシュさとスッキリさを際立たせています。
 また含んでいるうちに酸味に加え渋味も出てきますが、芳醇な甘味がそれを包んで全体としてはとても華やかな印象ですね。
 後味はその酸渋の方が受け持って、綺麗にキレていきます。

 酸味が中心に、他では味わえない見事な調和をみせてくれる美酒です。
 まあ酸度2.5ですからね…、普通の日本酒と同列には語れないぐらいの個性があります。
 かなり先入観がありますが、やはり白ワインのような華やかさと上品さを感じるような…。
 うーん、まさにオンリーワンながらハイレベルなお酒です、一発でファンになってしまいました。

 なお、開栓後は渋味が少々増してきますが、あまり崩れない印象。
 ワインばりに熟成させてみるのも面白いのかもしれません。

fc2_2013-04-09_23-00-23-411.jpg  fc2_2013-04-09_23-00-56-033.jpg

名称:ソガペール エ フィス「ヌフ」ミヤマニシキ
製法情報:無濾過生原酒
精米歩合:59%
酒米:美山錦
アルコール度:16%
酵母:協会901号
日本酒度:+2
蔵元情報:小布施酒造株式会社(長野県上高井郡小布施町)
製造年月:2013/3(24BY)
購入価格(税込):1,470円/750ml
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年04月16日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 山猿 特別純米 山廃生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 獺祭 「試」 Tameshi >>

初めまして。エヌエスと申します。
少し前からブログを読ませて頂いております。

自分は先日7号酵母の方を飲みましたが
とても美味しかったです。旨みが濃いというか・・・
小布施ワイナリーさんは良いお酒作りますよね。

主に地元信州の日本酒を色々飲んで楽しんでます。美味しいお酒沢山ありますよ♪
まだ日本酒歴半年なので隣町のワイナリーが日本酒を醸していたと知ったのは最近の事でした・・・

これからもブログ楽しみにしています。

2013年04月17日 エヌエス URL 編集

エヌエス様、コメントありがとうございます。

7号酵母もやっぱり美味しいのですね…。
私はまだまだここのお酒の初心者なので、一回飲み比べとかもしてみたいところです。

信州の方なのですね、私も信州地酒は山口とならんで大好きなので、羨ましいです。
豊賀、幻舞、美寿々、こんな夜に、大信州などなど…、本当に数えきれない程です。
とはいえ、まだまだ全然飲みきれていないのですが…。

日本酒歴半年とのことですが、それでソガに辿り着けるのは十分凄いと思います。
長野のお酒なら、下手したらそれだけで一年いけてしまいそうですが、たまには色々なところのお酒を試して見ることをオススメします。
その時は是非弊ブログを参考にしてください(笑)。

今後とも当ブログをよろしくお願い致します。

2013年04月18日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する