桃の里 純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」

本日の家飲み 桃の里 純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」

20170402154349445.jpg  20170402154357644.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 当ブログでの登場は早くも5回目。

 最近の当ブログイチオシ銘柄である桃の里ですが、前回紹介したブログ「日本酒のカルテ」さんに続き、「20代から始める日本酒生活」さんが、「封切原酒(アル添吟醸)」、「純米吟醸カップ酒」と、立て続けに紹介記事を書いてくれました、嬉しい限りです。
 ちなみにこちらも「とっとり・おかやま新橋館」での購入とのことなので、都内での購入ルートは現状ここしか見つかってない感じですね…
 常温棚陳列ではあるようですが、基本火入れではあるので出荷年月が最近であることだけチェックすれば、まあ味わいに問題はないようです、ご興味があれば是非。

 しかし、こんな特徴的かつハイレベルな味わいのお酒が、未だに都内の地酒屋さんで売られていないことには切歯扼腕する思いです。
 実際都内有力地酒屋さんといっても割と取り扱い銘柄って被りがちですからね…、もう有名店は「営業を受ける側」になってしまっていて、蔵元に営業力の無い(けど味は凄い)ガチの「埋もれた銘柄」を常に探している印象のお店は本当に数えるくらいしかないという印象を最近受けております(まあ単純に蔵元が東京で売る気が無ければどうしようもないんですが…)。

 閑話休題、今回いただくのも蔵元から直接取り寄せたものになります、レギュラーの純米吟醸の生酒版ですね。
 上でリンク張った「封切原酒」もそうなのですが、ラベルの手作り感が凄いです(笑)、多分出荷量が少ない限定品に貼られるのでしょう、自分の中では「手作りラベルシリーズ」と勝手に名付けていたりして。 
 製造年月は2月ですが、開栓は5月と、若干間が開きました。

20170402154407062.jpg

 上立ち香はやはり甘さと複雑さを感じる果実の香りが仄かに。
 含むと、柔らかくて自然な口当たりで濃厚な甘味が入り込んできて、キツさのない渋味が複雑さを添えつつ、ゆ~っくりと染み込んできます。
 味わいは、やっぱり「桃の里味」ですね、ちょっと熟した感じの非常に高濃度かつ奥深い甘味が厳然たる主役なのですが、独特な渋味と相まってオンリーワンの、強烈な存在感がありながら柔らかみのある旨味の世界を演出します。
 後味は、複雑さが甘さを引き取って、しっかりと引き上げます。

 甘く複雑な「桃の里」味が息が長く続きつつも、最後にはしっかりと引き上げてくれる完成度の高い芳醇甘旨酒でした。
 三ヶ月寝かせている間に若干生熟感が出てきた感もありますね、これはこれで良いのですが、本来は速攻開栓してピチピチ感を楽しむのが、本来のコンセプトだったようにも思えます。
 恐らく来期も取り寄せすると思うので、次はそうしようかと。
 どちらにしろやっぱり桃の里は旨いです、首都圏での入手手段が増えることを切に願うばかりですね。

20170402160145000.jpg  20170402154414970.jpg

名称:桃の里 純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.7/9.0

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 




関連記事

2017年08月01日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:8

<< 瑞鷹 純米生原酒 菜々 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓」 生酒 28BY >>

こんばんは。
これが以前お話の中にありました純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」ですね!
色が黄金色で純米吟醸を思わせますね。
うー、レビューを見ると出来立てぴちぴちを飲んでみたいと思いますね。
>>高濃度かつ奥深い甘味
これが特に気になる点ですね。甘さ一辺倒で終わらせないのが桃の里の力ではないでしょうか。
桃の里味の共通として朝日米を使用しているのが上がりますので
この甘味はお米の力を最大限引き出したものではないかと最近考えるようになりました。
首都圏での入手手段方法の増えることは賛成です。これほどのお酒が日陰のままでは…。
「とっとり・おかやま新橋館」で少しでも購入し、卸してくれる商品の種類が増えることで
より桃の里味を広めていければ良いなと思っています。
あそこに4合瓶を卸すにはワンカップ酒の売り上げを増やすしかないです。

2017年08月01日 あろす URL 編集

>あろす様、コメントありがとうございます。
遅ればせながら、ようやく記事にできました。記事を読んでもらって、ピチピチを飲んでみたいと思ってもらえたら、私としては勝ちです(笑)

桃の里は、やはり複雑さがあり、かつ低酸の甘味が魅力のコアな部分だと思っています。赤磐市といえば雄町の産地として有名ですが、恐らく朝日米についても高品質なんでしょうね。それを昔から使用して、しっかり使いこなしているのであろうということについては、私も同意です。一朝一夕では出せない味のように感じますね。
まあ、地場で売れていればそれで良いという考えもありますし、「日陰」と考えてしまうのは都市部住民の論理かもとも思うんですけどね。ただ、私の感覚としてはこれは現在の地酒の最前線でこそ輝く味わいだと思っているので、やっぱり東京で売れて欲しいと思ってしまいます。私にできることは、正直な感想をブログに上げ続けることだと認識していますので、焦らずにこれからも買い、飲み、書いていこうかと…

2017年08月02日 まるめち URL 編集

日陰という表現は良くない表現でした。
「この味があまり知られていないのはもったいない」に訂正します。
飲んでみたい山桃花・雄町の春、新商品を赤磐酒造さんにお酒直販したいですか、他のお酒も飲んでみたいのが多くてなかなかできない状態です。
来月になったらひやおろしが始まるため、より入手する機会が少ないので今からお酒スケジュールのやりくりです。

2017年08月02日 あろす URL 編集

どうも、いつもお世話になっております!
二つもリンクを張っていただきありがとうございます!紹介されるたびに思いますが、僕なんかの拙い感想をまるめちさんの記事で・・・と少しビクビクしてます(笑)
今回の「ふな口一番」もとても美味しそうですね。
まるめちさんの感想を読んで「やっぱ直販を使うしかないな・・・」と思い、赤磐酒造さんのHPを見ながらこの文章を書いています。
それから友人と岡山遠征も計画中だったりします。首都圏に無いならお膝元に行けば良い!な精神ですね(笑)
いつになるかわかりませんが、岡山の地で岡山のつまみを食べながら桃の里を飲んでみたいと思っています。

2017年08月02日 すん URL 編集

以前、桃の里 純米生原酒でコメントさせて頂いたものです。
この蔵元は地元岡山でも取り扱っている酒販店は少ないです。どこに卸しているんだろう?と不思議なくらいです。
私は開戦直後の純米生原酒は岡山の【白桃】の甘さだと思いました(笑)
朝日米は甘みが特徴ですね。

2017年08月02日 通りすがり URL 編集

>あろす様、コメントありがとうございます。
いやすみません、攻めるつもりはなかったです。むしろ「歯がゆい」というのは共通した想いかと…
飲みたいお酒の数と現実に飲める量との折り合いは、地酒飲み永遠の課題だと思いますよ(笑) 私は所謂「季節もの」については基本あえてスルーする戦略を採っています。それでもかなりの数を諦めなくちゃいけないのは辛いところです…

2017年08月03日 まるめち URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
例によって挨拶無しでリンクになっちゃいまして恐縮です、こちらこそお世話になってます!
いやいや、私の記事なんて何年たっても拙いままですから(笑)。多分これからも話題が被れば張りますんで、気楽に受け取っちゃってください。
桃の里の通販については、HPに載ってない製品が結構あること、メールの返信が非常に遅いこと、電話だととても丁寧に応対してくれて逆にこちらが恐縮してしまうこと(笑)に気を付けてください。ただ送料は安いですし、踏み切って損はないかと…
遠征とは!流石若い人は行動力が違いますね(笑) 地場のつまみと共にいただくのは、まさに地酒の楽しみ方の王道ですからね。私もいつか桃の里でやってみたいものです。

2017年08月03日 まるめち URL 編集

>通りすがり様、コメントありがとうございます。
またもや貴重な現地の情報、非常に参考になります!
そういえば現地在住でも桃の里は未経験だったんですよね…、なんか本当に心配になってきました、値付けも若干おかしいですし(笑) 商売としてうまく行っていることを願うばかりです。
岡山の方が「岡山の【白桃】の甘さ」と思うのであれば、それは本当にそうなのでしょうし、桃同様に全国でも通用する味わいなのだと、改めて思いますね。
朝日米のお酒はまだあまり経験が無いので、今後はちょっと甘味にフォーカスを当てて飲んでみようと思います。

2017年08月03日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する