FC2ブログ

若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓」 生酒 28BY

本日の家飲み 若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓(たに)」 生酒 28BY

20170726100626785.jpg  20170726100636367.jpg

 福岡県久留米市のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 この「渓」については、火入れ版を昨年いただいております
 その時の感想として抱いた「次は生が飲みたい!」という記憶が年越しでしっかり残ってましたので、今回セレクトした次第です。
 生版だからか、見た目の印象はかなり違いますね、前回は黒ボトルでしたが今回は白ボトルで、おりがガッツリ混ざっているのが見た目にも分かりやすくなっています。

 裏ラベルの情報は貧弱ですが、購入先のうのかわ酒店さんの商品紹介によると、前回と同じく山田錦の50磨きのようです。
 ただ、アルコール度数は前回の15から17に上がっています、おそらく火入れ版には加水してるのでしょう。
 今風の味わいを期待しつついただきます。

20170726100644840.jpg

 上立ち香はセメダインと酸と米粉の香りが入り混じった感じで、そこそこに。
 含むと、やはり若干粉っぽい口当たりで、ほんのりとした甘味を苦味でしっかりと引き締めながら、塊のまま飛び込んできます。
 味わいは、果実というよりは割りとケミカルなセメダイン的お米の旨味(?)が主役で、甘さは控えめ、苦味はほどほどで、粉感のある酸味により辛口のカルピス(?)的な印象も受けますね。
 後味は酸辛で粉も含めてしっかりと引き上げてキレます。

 高濃度のおりによる舌触りが印象的ながら、後味は心地よく引き上げる、独特のまとまりがある準にごり酒でした。
 濃い目のにごり酒に「どぶろく」みたいなイメージしかない方には一度飲んでみて欲しい完成度かと…
 といいつつも一方では、ちょっとおりが濃すぎて勿体無いなあという気もします、せっかくの袋吊りなのに上品さが隠れてしまっているといいますか…、まあこれは私が買った瓶がたまたまこうだったという可能性もありますが。
 「おり」の濃度の難しさを感じた一本でした、若竹屋は次は別のスペックも試してみたいと思います。

20170726100703604.jpg  20170726100654303.jpg

名称:若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓」 生酒 28BY
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:合資会社若竹屋酒造場
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年07月30日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 桃の里 純米吟醸無濾過生酒 「ふな口一番」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鏡野 純米無濾過生原酒 おりがらみ 28BY >>












管理者にだけ公開する