FC2ブログ

鏡野 純米無濾過生原酒 おりがらみ 28BY

本日の家飲み 鏡野 純米無濾過生原酒 おりがらみ 28BY

20170724163808229.jpg  20170724163817591.jpg

 高知県香美市(かみし)のお酒です。
 ブログでの登場は2回目ですね。

 前回いただいた時(もう4年前か…)にも書きましたが、こちらを醸す(株)アリサワの通常銘柄は「文佳人」で、この鏡野は限定ブランドになります。
 飯米であるアケボノを55まで磨いているところは前と同じですね、岡山県産なのも同じなので、安定供給先があるのでしょう。

 そして特筆すべきは、裏ラベル記載のアルコール度数、日本酒度、酸度、アミノ酸度もほぼ4年前と同じというところだと思います。
 勝手に想像するところですが、「味の再現性」というものをかなり重視しているのではないでしょうか。
 最近、日本酒のBYによる味のバラツキを実感したり、ガンガン新商品を出してくる蔵についていけなくなってきたりした経験から、こういう同じスペックに長期的に取り組んで安定的な味わいを醸すという姿勢が非常に格好良く思えてきました。

20170724163826459.jpg  20170724163834978.jpg

 上立ち香はフレッシュなマスカット的香りがそこそこに。
 含むと、爽やかな甘味が口の中に広がり、しばらく存在感を放ったあと、キツさのない苦味にバトンタッチして、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、酸の効いた柑橘系の甘旨味を素直に感じる前半と、苦酸辛でスパッとキレる後半の落差がとにかく心地よい、日本酒の玄妙さを感じさせてくれるもの。
 後味はそんな感じでいくらでも飲める気にさせてくれる見事なキレ方ですね。

 フレッシュかつしっかりとした果実の甘旨味と、後味のキレが見事に両立した、お手本のような芳醇スッキリ酒でした。
 後味は辛口ではあるんですが、スパルタなアルコール的辛さではなく、自然にキレを添えてくれる奥ゆかしさのある辛さなのが非常にグッドです。
 何というか、土佐酒の良いところを凝縮したようなお酒というイメージですね、これは万人にオススメ。
 鏡野は文佳人ともども信頼できる銘柄であるという思いを、強めることになった一本でした。
 
20170724163845852.jpg

名称:鏡野 純米無濾過生原酒 おりがらみ 28BY
精米歩合:55%
使用米:アケボノ
アルコール度:17%
日本酒度:+5
蔵元情報:株式会社アリサワ
購入価格(税抜):約1,400円/720ml(レシート紛失…)
購入した酒屋さん:伊勢元酒店
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年07月28日 高知の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 若竹屋 純米吟醸 袋こぼし 「渓」 生酒 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 早瀬浦 純米滓酒 浦底 生酒 >>

どうもです。

>最近、日本酒のBYによる味のバラツキを実感したり、ガンガン新商品を出してくる蔵についていけなくなってきたり

これ、すごくわかります。特に若手杜氏の蔵で多い印象です。一本美味いのがあっても、まぐれ当たりなのかどうなのか判断が難しいので、その銘柄全体の評価に繋げづらいんですよね。あんまりバリエーションがありすぎると、こっちの消費が追い付かない(笑)
ちなみにプロの料理人と趣味で凝った料理を作る人の違いもそこなんだと思ってます。つまり、いつでも同じ味を安定して提供できるか否か。そう考えるとオールドスクールな味であっても老舗は老舗の良さがあるよなあと思います。

2017年07月31日 アイオライト URL 編集

>アイオライト様、コメントありがとうございます。
これまた同感いただけて嬉しいですね。まあ新進蔵は色々チャレンジしてなんぼというのはわかりますし、自分も今までは結構新商品に飛びついていたので売上的にも有利なのはわかるのですが… ちょっとやり過ぎな蔵が多いかなと(笑)
数年に数スペック程度なら兎も角、毎年新シリーズとかやられても…

その老舗の良さを日本酒業界で突き詰めたのが、多分剣菱なんだろうなあと思います。「止まった時計でいる覚悟と信念」というのが家訓というのは凄い覚悟かと… そろそろ私もそのあたりの銘柄も受け付けるようになってきたので、近いうちにチャレンジしようと思っています。

2017年08月02日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する