FC2ブログ

花巴 水もと 純米木桶仕込み 酵母無添加 生酒

本日の家飲み 花巴 水もと 純米木桶仕込み 酵母無添加 生酒

20170706103449045.jpg  20170706103500162.jpg

 奈良県吉野郡吉野町のお酒です。
 ブログでの登場は2回目。

 前回は「弓絃葉(ゆずりは)」という割と大人しいスペックを飲みましたが、今回は奈良酒らしいバリバリの変態系(笑)です。
 今回も「日本酒感想日誌」さんイチオシスペックという理由でのセレクト。
 「水もと」はどうやら「菩提もと」と同じ意味なようです、ブログでは以前鷹長などを飲んでますね。(詳しい解説は例によってWikipediaをご参照ください)。
 そしてこのお酒については「木桶仕込」「酵母無添加」というところもポイントになるでしょうね、この辺りは最近新政が力を入れており、社長ブログにも異様に細かい話を書いてあったのが印象に残ってます。
 (実際は玉川や不老泉など、この分野での先行蔵は相当数存在するみたいですが)
 
 米の品種は福岡で誕生した酒米である「吟のさと」ですが、地元奈良県で栽培されたものを使っているようです、こだわりを感じさせる珍しいパターンですね。
 裏ラベルの「古代技術で醸した次世代のお酒」っていうフレーズが素敵。

20170706103510022.jpg  20170706103519505.jpg

 上立ち香は鋭角で純度の高い酸の香りが鼻孔を刺しますね。
 含むと、意外にも口当たりは柔らかく旨味が入ってきて、そこから強烈な酸が、ハッキリとした樽の香りを伴って染み出してきて、唾液腺を刺激しながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、やっぱり酸と木香がそれぞれ強く主張する完全に日本酒離れしたオンリーワンのもので、熟系とはまた違った意味で紹興酒的というか、漢方感があるというか、私の表現の手に余る個性がありますね。
 後味は、酸でがっつりとキレます。

 想像を超えるぐらいに極めて個性的な、樽香バリバリの旨酸っぱ酒でした。
 これはやっぱり樽、木の香りが好きかどうかが、気に入るかどうかに強く影響すると思いますね。
 残念ながら私はあまり好きではないのですが、それでもこの個性と一種のまとまりには惹かれるものがありました。
 花巴、また他のスペックも試してみたいと思います。

 そして熱燗にしてみたらやっぱり面白いですね、結構甘味がブーストされて、より力強い形でバランスを保つ印象。
 多分生熟成もいけるんじゃないかしら…、いやあ一筋縄ではいかないお酒だと思います。

20170706103529660.jpg


名称:花巴 水もと 純米木桶仕込み 酵母無添加
精米歩合:70%
使用米:吟のさと
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:美吉野醸造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 花巴 純米

2017年07月24日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 早瀬浦 純米滓酒 浦底 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 富久長 特別純米 しぼりたて 無濾過本生 淡くおりからみ >>

花巴を飲まれましたか。これは一年熟成のやつも売っているので、熟成に向くタイプの酒だと思いますね。知り合いは三年寝かせてますし。また酵母無添加なので、年によって味が変わりますね。それが私にとっては楽しみですね。私はアイスにかけたり炭酸で割ったり後は熱燗などにしてこのお酒を楽しんで飲んだりしています。酸が苦手な人は難しいお酒かもしれませんね。ウイスキー好きな人には気に入っていただける酒でした。

2017年07月26日 龍力大好き URL 編集

>龍力大好き様、コメントありがとうございます。
やっぱりそうですよね。流石の私でもこのお酒の熟成適正には気づきました。
ただ、そこまで多様な飲み方ができるとは…、想像以上です。生もとのどぶなんかはビール割り等えらく変わった飲み方がされていることを知っていましたが、それ並ということなんでしょうね。奈良にはそういう超個性派酒が結構集まっているのが面白いと思います。
このスペックについては酸と木香との相性が評価を分けるように思えます、どちらにしろ好き嫌いはハッキリ分かれるでしょうね。

2017年07月27日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する