謙信 純米吟醸 愛山 生酒

本日の家飲み 謙信 純米吟醸 愛山 生酒

20170703135638384.jpg 20170703135648043.jpg

 新潟県糸魚川市のお酒です。
 当ブログでの登場は3回目。

 いまだ巷では淡麗辛口のイメージが強いと思われる新潟酒ですが、個人的には芳醇系銘柄の宝庫である印象が強かったりします、この謙信もそうですし、たかちよ、村裕、山間なんかは露骨に濃厚ですしね。
 ところでこの「お酒の味と地域性」というのは結構古くて新しいテーマだと個人的には思っています。
 杜氏集団の傾向などの歴史的背景、地元名産品などの食生活に関する事情、お米や水などの原材料の傾向等々、実に色々な要素が絡み合っている、論文の1本や2本余裕で書けそうな奥深さがあるんじゃないかと。
 ただ、昔に比べると、少なくとも全国区で売られるような地酒については、前述の新潟酒に象徴されるように、地域性はかなり薄くなっている印象がありますね。
 結局のところ大事なのはあくまで「銘柄」であって、地域性については、「新潟のお酒だから淡麗辛口に違いない!」といった固定的先入観に囚われるのではなく、「お、なんか変わった味だと思ったら奈良酒じゃないの」みたいに楽しむ要素として、付き合っていくのが良いんじゃないかなあと個人的には思います。

 閑話休題、今回いただくのは高級米愛山を55%まで削った純米吟醸生。
 お値段も若干いつもより高めですが、このスペックならむしろ割安でしょう。


 上立ち香は濃い目の甘さと酸を感じるフレッシュなベリー系の香りが気持ち強めに。
 含むと、香りの印象以上の超濃厚フレッシュな甘旨味がグワッと入ってきて、これまた強めの酸と個性的な渋味?が深みを与えつつ、最後まで存在感を保って染み込んできます。
 味わいは、極めて濃厚かつ奥深さのある甘酸旨味が厳然たる主役を演じる感じですね、味わいたっぷりではありますが、個々の要素が並列するというより絡み合って一体化している印象。
 後味はほんのりと渋味を残しつつ、酸でしっかりとキレます。

 フレッシュジューシーかつ、愛山らしい個性と、何より魅力的な濃度のある力強い芳醇フレッシュ酒でした。
 いやあやっぱり謙信は私の好みどストライクですね、愛山もしっかり使いこなしている印象。
 ちなみに私は自分の好み(芳醇甘旨)がわりとハッキリわかっているため同様のお酒を大量に飲んでおり、それだけにその中でも一歩抜き出していると思ったお酒については自信を持ってオススメできると自負しております。
 謙信はまさにそういう銘柄の一つですね、今後もちょくちょく家飲みしたいと思います。

20170703135659583.jpg

名称:謙信 純米吟醸 愛山 生酒
精米歩合:55%
使用米:愛山
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元:池田屋酒造株式会社
購入価格(税抜):1,759円/720ml
購入した酒屋さん:登酒店(奈良・通販)
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年07月06日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< ささまさむね 特別純米 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 庭のうぐいす 純米吟醸 うすにごり 生酒 >>

2日おきの怒涛の更新に仰天。検索するとその銘柄の記事が読めると、なお素晴らしい!のですが

2017年07月07日 男山 URL 編集

>男山様、コメントありがとうございます。
いやあ、時間があるときに書き溜めたりして、何とかかんとか更新頻度をキープしております。
検索については、右側メニューの検索フォームを使ってもらう方法と、トップページでctrl+fの画面内検索を使って右下のタグから進んでもらう方法があります。特にタグ付けは頑張っているので、後者推奨ですね。

2017年07月08日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する