FC2ブログ

鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY

本日の家飲み 鳴海(なるか) 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY

 20170616141846959.jpg  20170616141902230.jpg

 千葉県勝浦市のお酒です。
 ブログでの紹介はこれで4回目、大体毎年飲んでますね。

 鳴海といえば、個人的にはシュワシュワの「ガス感」が特徴という印象があります。
 最近の日本酒の一つの潮流であり私が好むところの芳醇甘旨路線と、ガス感って非常に相性が良いんですよね。
 私の経験として、そこまでシュワシュワしていなくても、一口飲んでこりゃ旨いと思ったお酒について、飲み始めてからしばらく後でグラスに気泡がついていることに気付くということがしばしばあります。
 甘みを引き締める要素としては「苦味」「酸味」「アルコールの辛さ」など色々ありますが、中でも私には「ガス感」が一番合っているのかもしれません。
 しかも、ガス有り日本酒は他の発泡系酒(チューハイとか)と違い、ガスが弱かったり抜けたりしても、それはそれで違った魅力を持つことが多いのが奥深くて良いですね。

 閑話休題、今回いただくのは山田錦50磨きの直詰め生、以前(26BY)に全く同じスペックを飲んでおります
 鳴海の中でも個人的に良い印象が強かったスペックだったので、今回も期待をこめてセレクトしました。

20170616141912923.jpg  20170616141923095.jpg

 上立ち香は甘めでほんのりセメダイン混じりの果実の香りが控えめに。
 含むと、高濃度の甘旨味が強めのガス感とともにググっと入ってきて、これまた存在感のある苦渋と一体となって、勢い良く喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、完熟リンゴサイダーといった趣の、前回同様、典型的ながらもインパクトがあって好ましい印象のガス甘旨味が主役、ただ今回は若干苦味が表に出てきており、ちょっとキツさも感じます。
 後味はやはりガスが働いてスッキリとキレます。

 芳醇かつシュワシュワの甘旨味を素直に楽しめる、ストレートな今風フレッシュ酒でした。
 基本前回同様の味わいなのですが、今年はどうも苦味に山田の高精白にありがちな嫌らしい印象を受けますね、甘味と拮抗する印象があって個人的には致命的にはならないのですが、苦手な人は厳しいかも。
 これはやはり28BYの米の特性によるところが大きそうです、このお酒に限らず、例年は苦味をあくまで裏方として利用していた銘柄が軒並みバランスを崩している印象がありますね、飼いならしていた苦味に逆襲されているといいますか…
 ともかく、鳴海は来年度以降も試していこうと思います。

 ちなみに、個人的にはガスが落ち着いてきた開栓二日目が一番良く感じました。
 逆に抜けきっちゃった三日目は一番つまらない感じに…、このあたりはちょっと物足りない気もします。

20170616141932835.jpg

名称:鳴海 純米吟醸 山田錦 直詰め生 28BY
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16~17%
日本酒度:+-0
蔵元:東灘醸造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:ふくはら酒店
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 鳴海 純米吟醸

2017年06月28日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 不動 純米吟醸生原酒 吊るししぼり無濾過 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | あべ 「SPICA」 27BY >>












管理者にだけ公開する