桃の里 純米生原酒

本日の家飲み 桃の里 純米生原酒

20170327110513873.jpg  20170327110522903.jpg

 岡山県赤磐市のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目。

 毎年100を超える銘柄を家飲みしている私ですが、その中でも「衝撃を受ける」レベルの出会いは年に一回あるかないかだったりします、例えば24BYの「たかちよ」なんかがそうですね。
 実は昨年(27BY)においては、「桃の里 純米吟醸」との出会いに、まさにその数年来の衝撃を受けておりました
 どのくらいの衝撃だったかというと、未経験だった「蔵元直販による同銘柄まとめ買い」を思わず断行してしまうぐらいです、しかも四合瓶7本まとめて。
 私は色々な銘柄を飲み散らかすのが基本スタイルで、同シーズンで同銘柄の複数スペックを飲むのはかなり珍しく、それも7本まとめ買いは前代未聞レベルと言ってよいかと思います。
 
 まずは、自分の中で良く飲むスペックである、純米生(28BYの新酒)を開栓しました。
 地元産の朝日米を60まで削って醸した原酒になりますが、お値段はなんと税抜き1,000ぽっきり。
 まとめ買いしただけに、「口に合わなかったらどうしよう…」とビクビクしながらの開栓でした。

20170327110532141.jpg

 このお酒のラベルは結構雰囲気があって好きです。
20170327110552345.jpg  20170327110543002.jpg

 上立ち香は若干硬さを感じる甘い独特な果実の香りがそこそこに。
 含むと、やはり複雑味のある甘旨味がトロリと入ってくるのですが、生酒らしい硬さを若干感じさせつつも最後まで荒さを出さずに、ゆっくりじんわりと身体の奥まで染み込んできます。
 味わいは、以前に洋梨と感じた「桃の里味」が確かにありますね、甘味の濃度は濃いめながら裏方の渋味(?)による複雑さの付与により、個性とダレなさをバッチリ感じさせてくれます。
 後味は不思議なほど自然にかつ柔らかく引き上げていきます。

 芳醇な甘旨味を、あくまで優しく、最後までじんわり感じるとともに、奥深さによるものと思われる謎の飲み飽き無さにより、どんどん飲み進んでしまうオンリーワンの個性を持ったお酒でした。
 こういう甘旨系のお酒は酸を効かせて引き締めるタイプが多いのですが、桃の里はあくまで低酸で優しい味わいの世界が最後まで続く感じ。
 何というか、私のストライクゾーン真ん中というより、自分でも気づいていなかった好みの幅を拡げられた感じです。
 そしてこれ1,000円ってほんとおかしいですよ…、採算が取れているのか心配になるレベル。
 桃の里、次のスペックの開栓が早くも楽しみな今日この頃でした。

 常温ぐらいにすると隠れていた苦味や渋味をある程度ハッキリ感じられるのですが、それでも旨甘味がしっかりしているのでバランスは崩れていない感があります。
 実は白状してしまいますと、このお酒、私の家飲み履歴で初めて、一日で四合瓶を空けてしまいました…(いつもは二合厳守)
 私との相性が良すぎて、止め時が見つからず…、この事実自体が私が受けた衝撃をある種象徴しているかと思います。

20170327110603847.jpg

名称:桃の里 純米生原酒
精米歩合:50%
使用米:朝日
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:赤磐酒造株式会社
購入価格(税抜):1,000円/720ml
購入した酒屋さん:赤磐酒造(蔵元直接通販)
お気に入り度:8.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年03月28日 岡山の日本酒 トラックバック:0 コメント:12

<< 花陽浴 純米吟醸 生にごり酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 井の頭 純米吟醸 袋取り無ろ過生しずく 27BY(生熟バージョン) >>

岡山県の地酒を絶賛していただき、ありがとうございます。通勤途中にこの蔵元はあるので、早速本日電話して取り置きしてもらいました。岡山在住ですが、岡山の地酒は当たりが少ないので飲むのが楽しみです。まだここの蔵元の酒は飲んだことがありません…

2017年03月29日 通りすがり URL 編集

ついに呑まれたのですね!
例のアンテナショップで純米・純吟・雄町と三種類のカップ酒(全て3月詰)を求めたところ、純吟以外は老ねてました(笑)

純米生とは羨ましいです。

以後の記事も楽しみにしております!

2017年03月29日 めい URL 編集

>通りすがり様、コメントありがとうございます。
いやいや、美味しいお酒を絶賛するのは楽しいことですので、こちらこそありがたく思っております。
しかし、早速取り置きとは行動が速いですね。個性派なので若干お口に合うかは心配ではあります。もし美味しければご報告いただけるととても嬉しいです、そうでなければまあそっとしておいていただければ(笑)

2017年03月30日 まるめち URL 編集

>めい様、コメントありがとうございます。
いやあやっぱり我慢できずに早めに開栓してしまいました(笑)
しかし三種類中二種類老ねとは、ひどい状況ですね… 実は蔵元から取り寄せた分も既にダレているのが一本ありました(苦笑)
正直酒質的に、かなり保管に気を使うべきタイプのお酒だと思うので、蔵元の意識の低さは非常に問題かと…。(要冷蔵で売るルートの確保は大変だとは思いますが)

今後ともよろしくお願いします!

2017年03月30日 まるめち URL 編集

いつもお世話になっております!
最近かなり桃の里を推されてますね(笑
僕はまだ飲んだことの無い銘柄なのですが、読んでいるとなんだか飲んでみたくなってきちゃいました。
馴染みの酒屋さんでは取り扱いが無いみたいなので、近々桃の里探しの旅に出ようかと思います。

2017年03月30日 すん URL 編集

本日、蔵元に行って一升瓶を購入しました。蔵元に販売所があり生酒は冷蔵庫に保管していました。購入後も生酒なので冷蔵庫に保管くださいと案内してくれました。1週間後に飲んでみます。

2017年03月30日 通りすがり URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
お世話になっております。
桃の里は、最近実家に持ち帰って母親の意見も聞いてみたところ、やはりかなりの高評価だったこともあり、本格的に推しております。
実は一番の狙いは、ブログを見てどこか東京の地酒屋さんが特約店になってくれないかなあという切ない願いなんですけどね。
恐らく桃の里探しの旅は困難を極めると思います、むしろ見つけたら教えてください(笑)

2017年03月31日 まるめち URL 編集

>通りすがり様、コメントありがとうございます。
まずは無事に購入できたようで何よりです。
流石に生酒の直接販売であれば、ちゃんと気を使っているようですね。
是非じっくりとお楽しみください!

2017年03月31日 まるめち URL 編集

本日完飲しました。(12日間で完飲)
封切初日はかなり甘みが強かったですが、
日を追うごとに甘苦辛が出てきて美味しかったです。
基本的に朝日米は甘みが強いですね。
私は時間を置いた方が好みでした。
それにしても一升税込 2,100円は破格です。
今年の新酒祭は終了したので来年は行きたいです。
いい酒をブログアップしていただきありがとうございました。

2017年04月22日 通りすがり URL 編集

>通りすがり様、コメントありがとうございます。
いやあ結構長く楽しまれましたね。
まあ当ブログは露骨に甘いお酒推しなので…。実際甘味が心地よくすぐに飲みきってしまったのですが、開栓後もバランスが崩れないなら素晴らしいことかと思います。
それにしても、このお値段は本当どうかしてますよね(笑) 私が今まで飲んだ中でも五本の指には入るコスパかと。
こちらこそ、少しでもお役に立てれば嬉しいですし、コメントいただけることが励みになります、今後とも宜しくお願いいたします!

2017年04月24日 まるめち URL 編集

去年から桃の里のお酒が気になり、蔵元さんのほうへ連絡を取ってみたのですが
雄町の春・山桃花は蔵元でしか販売しておらず
純米酒は岡本市内
・酒ショップ山本
・小橋酒店
・てんまや岡山店お酒売り場
の3店舗だけ取扱いだそうです。

首都圏在住の私にとって例のアンテナショップにあることが分かったのは良い情報です。
今度、さかばやしさんがそこに出張で来て100種類以上を試飲即売会するそうなので私は行こうとしています。
それにしても保存管理の意識の低さはよろしくないですね…どうにか改善しておいしい酒を出荷してほしいものです。

2017年04月24日 あろす URL 編集

>あろす様、コメントありがとうございます。
おお、桃の里情報とても参考になります!
いやあやっぱり少ないですね…、一応山桃花は直販で買っておいたのですが、そこまでレアとは。
アンテナショップ情報は本当に素晴らしかったですね。そしてさかばやしさんがそこに来るとは!5/19、5/20のやつですよね。追加情報としてこれまたとてもありがたいです!
保存状況についてはなんとも言えませんね…まあ究極的には王祿みたいにするのが理想なんでしょうけど、普通の蔵には難しいでしょうし…ただ、ダレちゃったお酒を実際に飲むと、無念の心が募ります…

2017年04月25日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する