(徒然)日本酒専用冷蔵庫(レマコム)を買っちゃったというお話

 既にツイッター等ではつぶやいていることですが、ついに買ってしまいました…

 20170417143825278.jpg  20170417143804649.jpg

 まあ正直、いつかは買うだろうとは思っていたので、それが今だったということですね。
 (「じゃ、いつ買うか? 今でしょ!」っていうのはもう死語かしら。)
 この記事では、日本酒ブログにありがちな、冷蔵庫購入に関する徒然を書き散らしていきます。

 メーカーはレマコム、型番はRRS-100NF(100リットルの三温度帯冷凍ストッカー)、まあこの用途ではド鉄板のセレクトといえるでしょうね。
 (参考1)「日本酒感想日誌」さんの記事:いまさらレマコムの話
 →マニア目線で大事なことが簡潔に書かれていて、とても参考になりました。
 (参考2)「あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!Z」さんの記事:
自宅に日本酒用冷蔵庫が欲しい!と思ったらどれを買えばいいの?

 →うちは記事中の「覚悟はあるが金は無い!」まさにこのパターン(笑)

 重視したポイントは以下の通り。

 ①高すぎないお値段
 ②ほどほどの大きさと収納スペース
 ③氷温保存可能な冷却性能
 ④(結露等がなく)手入れが出来るだけ楽なもの

 ①については、参考の意味も込めて下にamazonのバナー貼っておきます。
 最近中田元選手が日本酒セラー開発に関わっていて、性能は中々っぽいのですが、恐らく目ん玉が飛び出る値段になるだろうと予想してます(都心のタワーマンション最上階が設置場所として相応しいイメージ)。

 ②については、まあ一升瓶10本も入れば十分ではあるので、同タイプの中で一番小さいやつにしています。
 といいつつ実際は16本ほど入るようですね、四合瓶に向くバスケットが付いているのも嬉しいところ。

 ③については、生酒派としては必須条件といえるでしょう、どこまで求めるかは難しいところですがかの「王禄」は特約店に-5℃の冷蔵保管を求めているため、それも参考にしています。
 後、超超久が保管される「氷室」も-5℃ですしね、一応これで長期氷温生熟成も可能になったといえるでしょう。
 (どうでもいい話ですが、「フ○ネット」の日本酒冷蔵庫は5℃までしか冷えないんですよね。で、「本気か?」と思って商品紹介ページをよく見ると「生酒保管可能」とはどこにも書いてないという…なんだかなあ)

 ④については、ショーケース型にしなかった最大の理由ですね、各所の評判を見ると結構大変らしいので。
 後、UVカットされていたとしても、どうも瓶に光が当たりっぱなしというのに抵抗がありまして…
 また、自分は18時前には一切家で飲まないという信条があるので、見えていると常におあずけ状態という拷問になる危険性がある(笑)ということも大きかったりします。

 購入直後の庫内はこんな感じ。(容量確認で四合瓶並べてます)
20170417150346642.jpg

 これが2週間も経たないうちにこの有り様ですよ…。
20170417143959591.jpg
 まあ実際、桃の里7本まとめ買いなんかはこのレマコムあってのことなので、やっぱり心強いものです。

 ところで、冷蔵庫について調べているときに庫内の様子を載せている日本酒ブログを結構見たのですが、大体これ見よがしに「十四代」とか「而今」とかを大量に前に持ってきてるんですよね。
 同じマニアとして気持ちは凄く分かる(笑)し、羨ましさもありますが…
 私としては、買うことや持っていることが目的になって、「積みゲー」ならぬ「積み酒」を貯め、飲み時を逃したりすることのないよう気を付けようと、我が身を振り返って思った一事でした。

 そんな中、「泉川 ふなくち」をちらと見せつつ(意識してないでしょうけど)、熟成向けの瓶に新聞紙を巻いている日誌係さんには、流石の玄人臭、そして日本酒愛を濃厚に感じましたね。
 後、しれっと書いてある「飲むときは普通の冷蔵庫に移す」とかも結構大事かと(そのまま飲むには冷え過ぎている)。
 私は初めて行く居酒屋では大体まず冷蔵庫を見せてもらい、それでお店の傾向(とレベル)を判断するのですが、日本酒マニアの世界でもそれは通用する気がします。

 ともあれ、レマコム様のおかげで購入選択肢の幅が大きく広がったのはありがたいかぎりです。
 私は自家熟成にはあまり積極的でない(蔵元が出してきたタイミングで飲みたい)ため、主な用途としては、新酒ラッシュ時のまとめ買い用、夏及び秋という日本酒冬の季節(なんじゃそりゃ)を乗り越えるための買いだめ用になりそうな見込み。
 ただ、大量購入が可能になったとはいえ大量に飲むのではなく、保管に余裕ができた分しっかりとペースを守り、健康に気を付けつつ日本酒ライフを送りたいと思います。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月29日 日本酒関連の雑記 トラックバック:0 コメント:14

<< 喜楽長 酒門 三方良し 純米吟醸 別註直汲み生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 山川光男 2017 ふゆ 生 >>

レマコム購入おめでとうございます(^o^)
家の人がよく許してくれましたね~

これで、日本酒呑みの1つのゴールに着き、これから第2章の始まりですね(笑)
2週間後の溢れ方がスゴいです(><*)

それにしても今回のレマコムのまるめちさんの下調べがスゴいですね!
いつもの、お酒の紹介の前置きの下調べの情報量もよく勉強させてもらってますし、1つのお酒に対してかなり、調べてから買って、アップしてるなとよくわかります。

ちなみに、僕も出んか買うときはお店でパンフレット一通り貰って比べてネットで、調べて購入する、石橋叩きすぎてしまうA型です(笑)

2017年04月30日 debo URL 編集

レマコム同じ時期に買いました(笑)
うちも庫内に、花陽浴五百万石、冩楽雄町産地違い、而今山田錦火入れなど大変な事に…。
レマコム有るが為に購入欲に負けてストックが凄い事に…
ところで、ダイヤルどれ位で設定していますか?
私は4よりちょっとだけ5側に回した位置で-5~-3度位です。
-5℃より冷えた場合は酒質に?なので控えめにしてますが、ここら辺ってどうなんですかね?
色々質問すみません。

2017年05月01日 下戸一合 URL 編集

>debo様、コメントありがとうございます。
流石に共用スペースに置くのは嫌がられたので、現在私の部屋に鎮座して唸りを上げております。狭い部屋がさらに狭くなることに…

しかし、「第2章の始まり」って良いですね(笑) 確かに一歩進んだ感はあります、若干取り返しのつかない感も強いですが(笑)

今回はかなりリサーチしましたね。お酒は飲めば無くなりますが(当たり前)、冷蔵庫は長く使いたいですし。
情報公開してくれている先駆者さんにはとても感謝してます、私の記事も今後続く方への参考になれば嬉しいですね。後、どうせ堕ちるならできるだけ巻き込みたいなと(笑)

まあ私はB型なので、万事マイペースでやらせてもらっております。
今後ともよろしくお願いします!

2017年05月01日 まるめち URL 編集

>下戸一合様、コメントありがとうございます。
お、まさか購入時期まで被ったお仲間が居るとは、嬉しいですね~ そしてその後の解放感と若干たがが外れて買い込んでしまう気持ち、わかりますわかります(笑)

私は4からちょっとだけ3の方に回した位置(3.8くらい)で、庫内温度は-1~2ぐらいにしています。
温度については、恐らく-5あたりが保管としては一番信頼できて、生酒複数年熟成とかもできるレベルなんじゃないかと。後は電気代や、熟成速度調整の観点から、各自の判断で上げていくイメージですね。
(低アル酒とかは-7ぐらいで凍る恐れもありそうですし)

私は日誌係さんをほぼ真似てますが(笑)、生酒の「らしさ」を夏越えて保持したいのであれば、現状の温度設定も十分ありかと思いますよ。

2017年05月01日 まるめち URL 編集

レマコムデビュー、おめでとうございます!
さっそく満杯で笑いましたw

すぐに2台目が欲しくなりますよ(笑)
あまり貯めこまないよう気をつけてはいますが、そろそろ熟成酒で新しく買ったお酒を入れるスペースに困るようになってきました。

ちなみにウチは今はメモリ3.3くらいのイメージで底のところが-3度か-4度という感じです。
これ以上いくと低アルが凍っちゃうんですよね。
例えば新政なんか、瓶の上部に氷が張るということがありました。
夏と冬でも違うので、温度計を入れておいてたまにチェックするといいかもしれません。


2017年05月01日 日誌係 URL 編集

>日誌係様、コメントありがとうございます。
どうもです!こちらからリンク&トラバの挨拶コメしようと思っていたのですが、遅れました… いやあほんと、日誌係さんの記事はマニア的にとても参考になりましたよ。
ちなみに早速満杯にしたときは、奇妙な満足感とやっちまった感に襲われましたね。ただ、その後たびたびニヤニヤしながら扉を開けて眺めていたので、前者の気持ちが強いと思われます(笑)

熟成に凝ると二台目欲しくなりそうですね…
現状満足していますが、恐ろしい…

貴重な情報ありがとうございます!
他力本願ですが下戸一合さんも是非ご参考にしてください(笑)
しかしやっぱり低アルの管理は難しそうですね、天蛙なんて色々と面倒臭そう…

2017年05月02日 まるめち URL 編集

色々とご教授ありがとうございます!
日誌係さん、まるめちさんのダイヤル設定と、温度管理についてすごく参考になります。
夏も近付いてくるので、これからがレマコムの実力を試す時かと思っています。
庫内は相変わらずパンパンなのが続きそうですけど(笑)
何せ、1日2合限界なアルコール耐性虚弱者ですので。
その分、今までは一升瓶躊躇っていたのを思いきって買えるんだから有難いものです。
本当、レマコム様々です。
お互いに変な意味、相棒となるレマコムを大事にしていきたいですね(笑)

末筆になりましたが、お二人の書かれる記事で出てくるお酒、今年は何本買いに走るかちょっとコワイです(笑)
いつも情報をありがとうございます。

2017年05月02日 下戸一合 URL 編集

>下戸一合様、コメントありがとうございます。
いやあ、私の方も初心者ですから…、それでも参考になれば嬉しい限りです。日誌係さんには改めて感謝を…
そうですね、私もそろそろ本格的に夏を見越した購入計画を考えようかと思っています。蔵も夏にもっと生熟系を出してくれれば良いのに…
おっしゃる通り、一升瓶を買っておけるのは本当に心強いですね。

いやいや、是非ガンガン買っちゃってください(笑)良ければ感想コメントとかもらえると嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします!

2017年05月04日 まるめち URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017年05月10日 編集

コメントありがとうございます。
返信に関してはお気になさらず…。

しかし、セレクト側に回るとは、着々と立場を固めてらっしゃいますね(笑)
私も会社の宴会時のセレクト役に食い込んでいるのですが、毎回色々な人の感想を聞くのがとても面白く、勉強にもなると思っています。

しかし、酒屋はしごのスケールがでかい!(笑)まさか県またぎとは… 楽しそうですね。
当ブログ定番酒を多く入れてくれて嬉しいですね。特に美寿々を選んでくれたのが素晴らしい!まだまだ知られるべき銘柄と常々思っております。
よろしければ事後に、皆さんの反応を是非教えてください。

今後とも当ブログをよろしくお願い申し上げます!

2017年05月11日 まるめち URL 編集

どうもコメントはしばらく空きましたね。
実はレマコムで悲しい事件がありまして。
家族の誰かが急速冷凍スイッチに触れてしまったらしく、中のお酒が凍ると言う大事故がありまして。
しかも、個人的に楽しみにしていたとっておきの花陽浴五百万石の一升瓶が割れてしまい、花邑酒未来はキレイな本醸造に変質してしまい、笑四季竹島事変は老香だけの全く呑めないものに。
他にも、揖斐、勝駒、山本白、赤、篠峰純大雄町と…
ショックで体調を崩す始末と。
しばらく立ち直れませんでした。
しかし、めげてはと言うことで、とりあえずはスイッチをガムテープで入らないようにして、呑めない酒の廃棄(蔵元様、米農家様、販売様ごめんなさい)。呑める物はチビチビとやる毎日でした。
そんな中、ご縁から、飛露喜特純、十四代酒未来、超特選と購入出来てしまい、お酒をダメにした自分にチャンスを頂いた感じです。
近況報告になってしまいましたが、レマコム愛好家として、あの悪魔のスイッチは封印せねばと(笑)
多分、皆さんガムテープで封印か、電気の知識が有る方は配線のジャンパーしてるかと思いますが。
まるめちさんもお気をつけ下さい。
あの時の想いは、日本酒を愛する者として味わって欲しく無いものですから。
それでは、良い日本酒ライフを!

2017年06月21日 下戸一合 URL 編集

>下戸一合様、コメントありがとうございます。
ああ…、何というか、ご愁傷さまでした…。
想像するだけでこちらも気分が落ち込みます(苦笑)、単純に飲めなくなるのが辛いだけでなく、やり場の無い怒り・後悔・罪悪感もろもろに打ちのめされそうです。
やはり急速冷凍スイッチは危険のようですね…確かに悪魔のスイッチ!(笑)うちでは既にテープ止めしてますが、より厳重に固定しようと、お話を聞いて思いました。
ただ、凍ったあとのお酒の味わいについてはちょっと興味深いかも… キレイな本醸造とか、老香とか謎な変化ですねえ。

しかし、その後の入手酒がまた凄い! 特に十四代はうらやましいなあ…
そういうお酒は勿体無さもあって飲み時が難しいですが、やはりアクシデント(停電とか、入院とか)もあるので、ちょくちょく開けた方が良いかなと、個人的には思っております。

貴重なご報告ありがとうございました、今後ともよろしくお願いします!

2017年06月22日 まるめち URL 編集

お疲れ様です。
味わいの変化は、アルコール成分と旨味などの成分が分離した上に、水成分が先に凍る為に起きた現象かと。
凍ってしまったお酒はキャップ部分から濃い匂いの液体が吹き出してましたから。
そこに吟醸香だったり米の旨味成分が含まれていたのかな?と個人的に思ってます。
竹島事変は蔵元で超高カプロンと謳っていただけに良い部分が抜け老香が出てきたのでは?これは個人的見解ですが、老香の出る酒って吟醸香の強い酒程、そうなりやすいのかと思います。過去に味わった老酒も吟醸酒でしたから。
花邑に関しては、加水だったはずなので、良い部分が先に瓶頭から吹き出した残り物になってるかも知れません。
ただ、花邑はキレイな本醸造に変化して、朝日鷹までは行きませんが、かなりレベルの高い本醸造でした(笑)
勝駒は薄いのぺーとした不味い酒に…
とにかく、凍らせる物では無いので仕方ないのですけど。
十四代はたまたま巡り合わせですよ。
幸せな事に、冩樂のしずくも酒屋さんからご紹介頂いて飛びつくと言う。買い込み過ぎだって自分でも贅沢して怖いです。
ただ、超特選は先輩のお店の一周年記念で贈答品で使いました。
かなり背伸びしました(笑)

酒未来は8月に酒の会第2弾で使うつもりです。
1人では空けるよりは仲間で空けたい人なので!
正直なところ、2合限界には勿体無い過ぎるお酒ですから(笑)
十四代凍らせ無いように毎日朝晩温度管理と、悪魔の封印をより強固な物にしております(笑)

2017年06月22日 下戸一合 URL 編集

>下戸一合様、コメントありがとうございます。
いやあ非常に心のこもったレポありがとうございます。無念さが昇華されているかのような詳細な分析かと(笑)
おっしゃるとおり、基本的には噴き出してしまった部分にこそエキスが詰まっているんでしょうね。確か「氷結濃縮酒」はそんな感じの方法でアルコール濃度を上げていたような。
竹島事変については、香り成分の難しさを示している感じですね、濃度とか微妙な差で、香りの好悪って変わっちゃうらしいですし。勝駒はある意味予想通りですが、やっぱり花邑は面白い(笑)まさに偶然の産物ですね。

いやあ、銘柄もそうですが、確かにランクも随分思いきってますね(笑) 超特選は自分なら贈答品にはできないかも…でも、価値が分かる方に送るのなら、素晴らしいと思います。
ともあれ、保存には何卒ご注意ください(笑)

2017年06月23日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する