山川光男 2017 ふゆ 生

本日の家飲み 山川光男 2017 ふゆ 生

20170327121240409.jpg  20170327121249021.jpg

 山形県天童市のお酒です。
 銘柄自体は初めていただきます、詳しくは後述。

 全体的に奇天烈な雰囲気を醸し出すお酒ですが、実態は山形県の4つの日本酒銘柄、「山」形正宗、楯野「川」、「東」光、羽陽「男」山から一字ずつ取って名付けた、4蔵の共同ユニット・ブランドになります。(まあNEXT5やらDATE7と類似の試みかと)
 公式ホームページまで作成する力の入れようですが、ここを見てもあまりブランドの位置づけとか背景は良く分からないですね…、特に買える店の記載がないのは痛い。
 同ユニットについてはむしろSAKETIMESの紹介記事が、グループ結成の経緯や各蔵元のコメント等、充実した内容になっていると思うので、興味があればご一読をオススメします(流石有名日本酒ブロガーさんの執筆記事ですね)。
 酒質の上で重要な部分は「酒造りを担当する酒蔵が麹や仕込み水、酒米などを他の蔵からもらって醸す、という変則的な共同醸造をしています。」というところでしょう。
 今回の「2017ふゆ」は山形正宗を醸す「水戸部酒造」が製造担当のようです。

 このプロジェクトの特長はやっぱりキャラを作った事でしょうね、杜氏の擬人化といいますか。
 日本酒ラベルとしては異端なラベルにはなっていますが、個人的にはこの絵柄は今日日インパクト不足な気もします。
 せっかくシュールなデザインなんだから、枯れ専向け乙女ゲー的なダンディキャラ(参考リンク:制服の王子様(オジサマ))にでもこの恰好させれば、話題にもなりそうな気がするのですが、いかがでしょう。(まあ、流石にそこまでイロモノに徹するつもりはないんでしょうけど…)

 スペック的には精米歩合60の生酒ということ以外に詳しい表記はないですね、特定名称の表記もないっぽいです。

20170327121257726.jpg  20170327121323785.jpg

 上立ち香はわりと落ち着いたバナナ的な果実の香りがそこそこに。
 含むと、強めの酸に引き締められた旨味がググっと入ってきて、最後まで存在感を示す酸味が唾液腺を刺激しつつ、スルスルと喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、程々の濃度のバナナ的な甘旨味に、かなり強めながらキツさのない酸味が伴うことで、飲み飽きなさと食事との万能相性を演出するもの。
 後味はその酸でスッキリキリリとキレます。

 かなり酸味寄りながら、全体としてしっかりバランスが取れている、今風の食中酒でした。
 最初は甘味が足りないかな…、と思ったのですが、飲み進めるほどに上がるタイプのお酒でしたね。
 何というか、見た目のわりには渋い魅力のお酒でしたね…、実に正統派で、フレッシュではありますがやっぱりダンディ的な印象。
 山川光男については、今後の展開の方向性が気になるところです。

20170327121305585.jpg  20170327121315318.jpg

名称:山川光男 2017 ふゆ 生
精米歩合:60%
使用米:不明
アルコール度:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:株式会社水戸部酒造
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年04月28日 山形の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< (徒然)日本酒専用冷蔵庫(レマコム)を買っちゃったというお話 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | モダン仙禽 無垢 2017 無濾過生原酒 >>












管理者にだけ公開する