花泉 上げ桶直詰め純米無濾過生原酒

本日の家飲み 花泉 上げ桶直詰め純米無濾過生原酒

20170221130507373.jpg  20170221130524612.jpg

 福島県南会津郡南会津町のお酒です。
 銘柄としては初登場ですが、同蔵の「ロ万」シリーズについては既に3回ほど紹介しています。

 「花泉酒造」が醸すお酒は、首都圏ではやはりロ万シリーズの方がよく見かけますが、この「上げ桶直詰め」については結構多くのお店が取り扱っているようです。
 実は私もブログを始める前に一度いただいており、なかなか良い印象があったので、今回久しぶり(約5年ぶり)にセレクトしてみました。
 ちなみに、ググったところ「上げ桶」とは「お酒を搾る機械『ヤブタ』から流れてきたお酒を受けるタンク」のことをいうらしいです、このお酒はそこから直接瓶詰めしているとのこと。
 ただ、このお酒ぐらいになると「上げ桶直詰め」という言葉自体が一つのブランド化しているような印象を受けます、この蔵はそのあたりの売り方が上手いと思いますね。

 ラベルには細かい記載はありませんが、こちらもロ万シリーズ同様「もち米四段仕込み」で造られているようです(詳細は例によってググってください)。
 精米歩合は65%、アルコール度数は19度と結構高め。

20170221130542764.jpg  20170221130535064.jpg

 上立ち香はガスとセメダインと甘さが混じったものがそこそこに。
 含むと、青さをまとった濃厚な甘旨味が、チリチリとしたガス感を伴いググっと入ってきて、かなりキツめの苦味で強烈に引き締められながら喉奥に流れ込んできます。
 味わいはメロン的な高濃度の甘旨味が存在感を発揮するのですが、苦味も非常に強いために全体の印象は賑やかながら青くギリリと締まった感じ。
 後味はその苦味を口中に残す形で引き上げていきます。

 とにもかくにも濃く、青く、賑やかで、荒々しい、新酒の無濾過生原酒の長所短所が凝縮されたようなお酒でした。
 私はどちらかと言うと甘旨味がしっかりしていれば苦味や雑味はそんなに気にしないタイプだと思うのですが、流石にここまで行くと少々辟易するといいますか、飲み疲れるといいますか…
 ただ、外でいただいた時はもっと美味しかった記憶もあったりするんですよね、(酒か私の)コンディションに問題があった可能性もちょっとあるかも…
 ともかく、花泉はロ万と共に引き続き注目していきたいと思います。

20170221130552527.jpg

紹介:「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-765.html

名称:花泉 上げ桶直詰め純米無濾過生原酒
精米歩合:65%
使用米:五百万石・ヒメノモチ
アルコール度:19%
日本酒度:不明
蔵元情報:花泉酒造合名会社
購入価格(税抜):1,543円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 花泉 純米

2017年04月24日 三重の日本酒 トラックバック:1 コメント:4

<< モダン仙禽 無垢 2017 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 而今 特別純米 無濾過生 28BY >>

どうもです!

僕もつい先ほどまで同じお酒を飲んでました。
概ねまるめちさんと同じ印象だったのですが、苦味はそこそこ強かったものの、僕は強すぎるとまでは感じませんでしたね。
少し寝かせた分弱くなったのかもしれません。

しかし、このお酒について書こうと思っていた矢先にまるめちさんも書かれていたので驚きました(笑)

2017年04月25日 すん URL 編集

>すん様、コメントありがとうございます。
おお、銘柄被りはよくありますが、スペック、タイミングまでドンピシャは凄いですね(笑)
やっぱりそんなに苦くないですか、確かに寝かせると角が取れるのは良くあることですが、本文に書いたように今回はあまり自分の感想に自信がないです。
私の体調が問題という説が有力になってきたかも…

後、リンクありがとうございます!
気が向いたらトラバも是非どうぞ。

2017年04月26日 まるめち URL 編集

お疲れ様です。

横槍になってしまいますが、
すんさんの記事とまるめちさんの記事を読んだ感じ、
両方とも酒質は同じだとおもいますよ。
あとは、個人の捉え方かなと。
薄味の料理を好む方は苦味を人一倍強く感じるかも知れませんし。
甘味に対して苦味が強い方が呑みを意識しやすい方もいますし。
それに日本酒は温度で味わいも変わり、苦味も変わりますからね~
ホントに表現が難しいです。

だから、閉鎖的になりやすく、なかなか手が出にくいものになりつつありましたが、
ネットのお陰で、ブログ等で情報が集まりやすくなりました。
いつも、まるめちさんがネットで蔵情報公開してるなら、更新をしっかりするべきと言ってますが、
酒屋さんもどんな銘柄があって、入荷したなら更新するをして欲しいなーと、僕はいつも思ってますね。

そして、あっと…
花泉とは全然関係ないコメントになってますね…
申し訳ないですm(__)m

2017年04月30日 debo URL 編集

>debo様、コメントありがとうございます。
いやあそう言っていただけると気が楽ですね。
ただ、基本的には私も同様の認識なのですが、今回は各所の評判も見て、「あまり苦味を気にしないタイプ」の自分が、「より苦味を気にするタイプ」の人以上に苦味(と青さ)を感じたようなので、ちょっと気になっていた次第です。
日本酒の味の変化のし易さは本当に難しいですね…、ただそれが楽しくもあるので、まだまだ知見を集積していきたいところです。

情報公開はまだまだ日本酒業界の課題かと思っております。
おっしゃる通り、酒屋さんの入荷情報も大事ですよね。実際私はブログやツイッターでしっかりそういう情報を出してくれるところで買うことがほとんどです。

記事との関連性については気にしないでください、私もよく脱線しますし(笑)
こういうコメントも、頂けると私は嬉しいです!

2017年05月01日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/806-f0112221

花泉 上げ桶直詰め 純米無濾過生原酒

昨日の記事で、大森弾丸ツアーで飲みたかったけど飲めなかったお酒として廣戸川と花泉をあげました。 廣戸川は何も考えず普通に飲みたいと思っていただけなのですが、花泉を飲みたいと思っていたのには理由がありまして・・・ ま、話はさておき、とりあえず本日のお酒のご紹介です♪ 花泉 上げ桶直詰め 純米無濾過生原酒 福島県南会津郡の花泉酒造さんで醸されるお酒です...

2017年04月26日 20代から始める日本酒生活