花陽浴 純米吟醸 八反錦 おりがらみ 28BY

本日の家飲み 花陽浴 純米吟醸 八反錦 おりがらみ 28BY

20170102211734026.jpg  20170102211741913.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 新年酒四本目も当ブログ常連銘柄ですね。

 花陽浴自体毎年相当いただいていますが、特にこの「八反錦 おりがらみ」については既に、24BY25BY27BYもご紹介している、ド定番スペックになります。
 新年最初に相応しいスペックとしては、むしろ48磨きの純米大吟醸が思いつくのですが、タイミング的になかなか入手が間に合わないんですよね。
 それで、少々他のお酒よりお安いのですが、個人的には花陽浴「らしさ」を強く感じるこちらを去年に引き続き年末年始用に用意した次第です。

 スペックは例年通りの八反錦55磨き、おりはほどほどで「うすにごり」といった風情ですね。
 ラベルにはっきりと記載されていないので記事タイトル等でも省略していますが、当然「無濾過生原酒」の「袋吊り雫酒」であるはず。

20170102211751169.jpg

 上立ち香はいつものパイン系果実の華やかな香りがかなり強めに。
 含むと、やはり濃厚な甘酸旨味がおりがらみらしいまろやかな舌触りで入ってきて、時間差で出て来る結構強めの苦味で引き締められつつ、じんわりと染み込んできます。
 味わいは、いつもの花陽浴的なパイン的甘酸を強く感じるのですが、若干芯の甘味が弱く、苦味も強めなために、全体としては薄いというか細い印象を感じてしまいます。
 後味はその苦味である種キリリとキレます。

 甘酸苦がそれぞれせめぎ合う、新酒らしい魅力と線の細さを感じるフレッシュ酒でした。
 うーむ、味わいの方向性自体はいつも通りながら、なんとも甘味が弱くて苦味が強いなあ…(対27BY比)。
 これに関しては、私だけでなくわりと花陽浴フリークな母君も違和感を感じていたようなので、ほぼ間違いないでしょう。
 実は私は美山錦の28BYを先に飲んでおり、その時も同様の印象がありました、八反錦なら大丈夫かも思ったんですけどね…
 花陽浴を数年前から飲み始めて以来これほどはっきりと違和感を感じたのは初めてかもしれません、ただまあこれが花陽浴でなければ「いい酒見つけた!」と思っていた気はするのですが…
 花陽浴の28BYに若干の不安を感じてしまった一本でした。

20170102211830878.jpg  20170102211820137.jpg

名称:花陽浴 純米吟醸 八反錦 おりがらみ 28BY
精米歩合:55%
酒米:八反錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,528円/720ml
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年01月05日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:4

<< 鍋島 「New Moon」 しぼりたて 純米吟醸 無濾過生原酒 28BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 田酒 純米吟醸 生酒 「NEW YEARボトル 2017」 >>

美山と八反どっちの方が良かったですか?

2017年01月07日 URL 編集

>名無し様、コメントありがとうございます。
あえて言うなら八反錦ですかね…
ただ先に飲んだ美山錦のほうがよりショックが大きかったのでそう思っているだけかも。

2017年01月08日 まるめち URL 編集

わかります。
私も大好きな銘柄なので、満を持して!という感じで年明けに頂いたのですが…。
期待度が高すぎたのか、アレ?という感じがしてしまいました。
変わらず好きなタイプではあるんですけどね。

2017年01月09日 URL 編集

>名無し様、コメントありがとうございます。
お、花陽浴好き仲間でしたか。
いやあ全くもって同感です。好きな銘柄だとやっぱりハードル上げちゃいますよね。
十分美味しくは飲めるのですが、私も何となく寂しさというか、釈然としない気持ちを感じてしまいました。
う~ん、純米大吟醸の方も気になりますね。

2017年01月10日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する