三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生

本日の家飲み 三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生

20161226122628787.jpg  20161226122647432.jpg

 三重県伊賀市のお酒です。
 ブログ登場は二回目になりますね。

 今回のスペックは山田錦利用の純米吟醸スペックということで、前回いただいた雄山錦の純米とはかなりの差があります。
 が、おりがらみ(うすにごり)という点は同じですし、何より両方とも11月出荷なのに前BYのお酒という点が特徴的といえるでしょう。
 新酒の時期に、ある程度蔵元で寝かせたおりがらみのお酒を出してくるということ自体に、蔵の差別化戦略的な思惑を感じるのは私だけでしょうか(まあ露骨にマニア目線ですが)

 裏ラベルをみると、精米歩合がやけに細かく書かれているのが印象的ですね、酒母米が書いてあるのは珍しいかと。
 掛米が山田錦・八反錦と、米が違う上に精米歩合まで異なるのはさらに珍しいような…、仕込みの段階で細かく分けて発酵を制御しているのでしょうか、素人には分からないレベルです。

20161226122655643.jpg

 上立ち香はスッキリフレッシュながら濃厚な印象の、ガス混じりのお米的香りがそこそこに。
 含むと、青さの残る旨味がオリの苦味を伴いつつも自然に入ってきて、最後まで濃厚さと引き締まりを維持したまま、喉奥に流れ込んできます。
 味わいは、セメダイン的で甘さ控えめながらあまりキツさのない、キレとまろやかさを両立した旨味が主役、オリはその濃度を増すことと引き締まりの維持の両方に寄与している印象ですね。
 後味は苦味が引き取って、自然にキレます。
 
 熟成期間を経て、うまいことキツさが取れたんだろうなあと想像させてくれる、ほどよい味乗りのバランス系旨苦酒でした。
 自然にスイスイ飲めるのですが、個人的にはもう一歩、個性やインパクトが欲しいという気もします。
 といいつつ、派手さは無くてもしっかりと旨味を噛みしめられるお酒って需要は確実にあると思うので、恐らくはこれが狙った酒質なのでしょうね。
 三重錦、また別のスペックもいただいてみたいと思いました。

20161226122704413.jpg

(紹介)「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペックの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

名称:三重錦 純米吟醸 おりがらみ 中取り生
精米歩合:裏ラベル写真参照
使用米:裏ラベル写真参照
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:中井仁平酒造場
購入価格(税抜):1,550円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2017年02月22日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 山間 H27BY 5号 中採り直詰め 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 花陽浴 純米吟醸 美山錦 28BY >>












管理者にだけ公開する