FC2ブログ

アビノミクス(花陽浴 直汲み・直詰純米吟醸生原酒 生モト仕込)

本日の家飲み アビノミクス(花陽浴 直汲み・直詰純米吟醸生原酒 生モト仕込)

fc2_2013-03-23_10-40-35-581.jpg

 先日、南陽醸造の新酒祭りで、イベント限定品ということで売られていたものを買ってきました。
 ネーミングは安直ですが(笑)、花陽浴と浴び飲みとアベノミクスをかけているので結構うまいというべきか。

 直詰めとはいえ、その場で手で栓をするため、ある意味最初から開封後のような状態でもあります。
 その関係もあり、買った翌日に飲み始めました。

 ちなみに、こちらはさけ武蔵使用のきもと造りということで、茶色ラベルのレギュラー品を直詰用に用意したものと思われます。
 茶色ラベル自体は去年もいただいたのですが、その時は味わいに妙なクセを感じ、他スペックと比べてあまり好みではない印象でした。

 こちらはいかがでしょうか。
 現地で購入した花陽浴きき猪口でいただきます。

fc2_2013-03-23_10-41-59-641.jpg

 上立ち香はいつもの花陽浴っぽい新鮮で甘い果実香に米の香りが混じったような感じ。
 含むと、いつもの甘味が感じられるもの、あまり華やかな感じは無い気がします。
 フレッシュで濃厚では有るのですが、むしろ落ち着いた感じの旨味と強めの酸味を感じます。
 また、直詰めの割にガス感はほとんどなし。
 後、やっぱり去年同様、含んでいるうちにしょっぱさのようなクセを感じたのですが、これは自分だけなのだろうか…。
 後味はそのしょっぱさと苦味がちょっと残る感じですね。

 去年のに感じたクセを今回も強く感じてしまいました。
 イベント品だからというよりは、このスペックの特徴みたいですね。
 しかも、日が経つとさらにそのクセが増す気がします。
 イベント当日に飲んだときはほとんど感じなかったのになあ…。
 花陽浴はどのスペックも大好きなのですが、このきもとだけは個人的に苦手のようです。

 なお、なんとなくネガティブなことばかり書いてしまいましたが、これは私の花陽浴に対する期待度の裏返しとお考えください。
 ある程度の味わいのレベルはクリアした上でのお話ですので、そこは誤解なきよう…。

fc2_2013-03-23_10-41-11-687.jpg

名称:アビノミクス(花陽浴 直汲み・直詰純米吟醸生原酒 生モト仕込)
製法情報:生酒、直汲み
精米歩合:55%
酒米:さけ武蔵
アルコール度:17%
酵母:不明
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社(埼玉県羽生市)
製造年月:2013/3(24BY)
購入価格(税込):1,500円/720ml
お気に入り度:7.3/10

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年03月26日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 楯野川 純米大吟醸 出羽燦々 中取り無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | ファミマ・桜ミクさんキャンペーン戦利品 >>

こんなのがあるなんて。なんだかどこかの劇団のポスターのようなラベルですねー。

2013年03月27日 さえこ URL 編集

さえこ様、コメントありがとうございます。
言われてみれば確かに。>劇団のポスター
ちなみに、政治的意図は無いらしいですよ(笑)

しかし、右側のシルエットが謎なんだよなあ…。
聞いてみればよかった。

2013年03月27日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する