ゆきの美人 純米大吟醸 吟の精 生

本日の家飲み ゆきの美人 純米大吟醸 吟の精 生

20161212101726493.jpg  20161212101735478.jpg

 秋田県秋田市のお酒です。
 ブログでの紹介は意外にもまだ2回目ですね。

 秋田の蔵元集団「NEXT5」の一員ということで知られるゆきの美人ですが、同時にマンションのフロアで酒を醸している「マンション蔵」としても、マニア間では有名かと思います。
 この蔵の設備については、日本酒ブログ「マイ日本酒探し」さんに非常に詳しい取材記事があるので、そちらもご参照ください。
 実際、昨今の傾向を考えると、こじんまりとしつつも空調が完備された設備で、飲み手のニーズに即したお酒(特定名称酒)を適切に醸し、出荷するというスタイルは小規模蔵の最適解の一つのように思えますね。

 今回いただくお酒も、その設備を活かして他蔵より早く出荷したものと思われる、28BYのお酒になります。
 (タイムラグがひどいですが、私が実際に飲んだのは10月)
 秋田県の酒造好適米である「吟の精」を半分削って作られた純米大吟醸生酒。
 酒屋さんのコメントとしては「いかにも純米大吟醸といった味わい」のとことですが、いかがでしょうか。

20161212101743354.jpg

 上立ち香はまさにフレッシュリンゴといった印象の吟醸酒らしい香りがほどほどに。
 含むと、ピチピチした感じながら芯のある甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、ほんのりとした苦味を裏に感じさせつつ、最後まで自然にジュワーッと染みこんできます。
 味わいは、リンゴとバナナの中間のような、フレッシュかつ香りより味に重みがある、まさに味吟醸のド真ん中を行くような旨味が主役、程々の酸味もありますが、雑味は皆無で旨味を純粋に楽しめます。
 後味はしっかりとした味わいが嘘のように自然に引き上げていきます。

 フレッシュさ、上品さをしっかり具備しつつ、ありがちな香り系にならなかった見事な味大吟醸でした。
 いやあいいですね、割と落ち着いた秋酒に囲まれることでより輝きが増している印象で、これはやっぱり10月出荷ということに強く意義があるお酒だと思います。
 NEXT5の中では派手なことをやる蔵が注目されがちですが、このゆきの美人(と春霞)の安定感も十分に素晴らしいものだと思います。
 ゆきの美人は今後もちょくちょくいただいていきたいと思いました。

20161212101751540.jpg

(参考)「もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録」さんの同スペック同BYの記事
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-531.html

名称:ゆきの美人 純米大吟醸 吟の精 生
精米歩合:50%
使用米:吟の精
アルコール度:16%
日本酒度:+7
蔵元情報:秋田醸造株式会社
購入価格(税抜):1600円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店(千駄木)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年12月27日 秋田の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

<< 雪鶴 純米吟醸 無ろ過生原酒 袋しぼり | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 越乃王紋 純米吟醸 生囲い >>

毎度です。
いつもトラバありがとうございます。

最近イマイチな酒が多くて、今からしみじみ思い返すと、これ、なかなか良かったかもしれない。今呑めば確実に評価が上がるわ。やっぱタイミング (出会い方) って大事だわな (笑) 。

新酒でアミノ酸がまだ育ってないせいか、ALC.16で生なのに全く疲れないし、夫婦でスイスイ飲み干してしまった。軽いけど清楚にフルーティーで、新政のような「ドヤ」感がないのがいい (笑) 。例外もあるけど、高めの日本酒度で甘みの出てる酒にハズレ無しの法則、少しはあるかもしれない。菊鷹の山廃生とか。

ギャザリーの件はゴタゴタに巻き込まれたようで、心労お察しします。まるめち氏の記事、わりとオレも日々の検索の中で自然に (予期せず) ヒットするので、いろんな人の入り口になってると思います。懲りずにまた書いてね。「〝衛門〟特集」とか (笑) 。

今年は本当にいろいろとお世話になりました。来年も宜しくお願い致します。確か毎年、新年はレア酒、人気酒の連射砲だったっけ (笑) ?

それでは、良い新年を──お互い呑みすぎに注意しつつ。

moukan1972♂

2016年12月28日 moukan1972♂ URL 編集

>moukan1972♂様、コメントありがとうございます。

こちらこそ、いつもリンクやトラバありがとうございます。
最近結構アクセス数が調子良いのには、その影響が着実に出ているものと思っております。

いやほんと、タイミングは大事だと思いますね~ 小規模四季醸造蔵はその強みを最大限に発揮すべきだと思います。それこそひやおろしなんか売ってないで(笑)

日本酒度と甘味の関係は面白い発想ですね、説得力はあると思います。今後若干その意識を持って飲んでみようかと…

ギャザリーは現状非公開基準がさっぱりわからないのが辛いんですよ、一つなんて写真全部自前で、文章も8割がた自著なのに… でもお世話になっているのであまり文句言えないのがさらに辛い(笑)
でも応援していただけると素直に嬉しいです!

今年も新年はミーハー酒を取り揃えております…(笑)乞うご期待。
それでは、良い新年を!

2016年12月28日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/749-ecac0a70

◤ゆきの美人 - 純米大吟醸 吟の精50 生酒 28BY ── dಠಠb&♡☺♡「味や香りそのものより、新酒ならではのフレッシュな飲み心地が楽しいお酒!」#Fresh

 週末だし、当ブログ一発目の28BY、行っときましょうか。10月の中旬に搾ったばかりだそうなので、まだ1ヶ月も経ってない。  実は「しぼりたて」のお酒を飲む経験にそれほど恵まれているわけでもないので──だって新酒シーズンを迎えるの、今年でまだ3回目だし、去年も一昨年も今の時期「冷蔵庫オッパイ」で思うように新酒を買えなかったし──、ちょっと味覚アーカイヴの引き出しに不安があるのだ...

2016年12月28日 もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録