超超久 純米吟醸 備前雄町 生 23BY

本日の家飲み 超超久 純米吟醸 備前雄町 生 23BY

20161127141311508.jpg  20161127141320929.jpg

 和歌山県海南市のお酒です。
 前回紹介した紀伊国屋文左衛門と同じく、中野BC株式会社が醸しています。

 超超久については、以前に同じBYのものをいただいています(おそらく米違い)。
 そのお酒は自分にとってはかなり衝撃的な味わいで、「こんなにクセが無く旨味だけ増すとは!」と、「複数年氷温生熟成」の可能性をビンビンに感じさせてくれました。
 ある意味私が「生熟成」の魅力を初めて強く意識した銘柄かもしれません…、自分にとってはそれほどに印象に残る出会いでした。

 今回いただくのは、23BYのお酒なので、5年程度氷温で熟成されたものになります。
 全量雄町55磨きで、さらに保管費用もかかっていることを考えると、四合1,500円はまさに破格。
 こればっかりは中小の酒蔵には真似できないでしょうね…、「中野BC」という、日本酒醸造がある種「副業」となっている会社だからこそできることなんじゃないでしょうか。

20161127141331293.jpg

 注ぐと、意外にも色付きはそこそこですね。

 上立ち香はまさに熟しきった感じの濃い果実香がそこそこに、ただ老ね香は皆無で生っぽさも感じます。
 含むと、まろやかな印象の非常に濃厚な甘旨味がググっと入ってきて、裏方のほんのりとした苦味にしっかりと引き締められながら、じんわりと染みこんできます。
 味わいは、紹興酒的な熟成感は皆無で、とにかく素直に味が乗って、年月を経てむしろ丸くなった印象の熟れきった果実の旨味がしっかり主役を演じているおかげで、苦味等の複雑味が見事に雑味ではない魅力に転化しています。
 後味はその苦味をほんのりと残しつつ、自然に引き上げていきます。

 生熟成の魅力を、非常に力強く、かつストレートに感じさせてくれる完成度の高い芳醇旨酒でした。
 何といっても火入れ熟成にありがちな「熟成香」が無いところが驚くべき特長かと…、この超超久は、「生熟成とはなんたるか」ということを知るのに最適な銘柄だと改めて思いました。
 熟成酒が苦手な方にこそ一度飲んでみてほしい銘柄ですね、まあこれで合わなければ「生熟酒」から一度離れても良いんじゃないかと。
 中野BCの日本酒を2本続けて飲み、その酒蔵としての実力を感じた今日この頃でした。

 当然ながら燗も試してみたところ…、うーん優しい。
 若干辛さ(ピリピリ感)は増すのですが、口当たりは本当にまろやかになります、オススメ。
 
20161127141341736.jpg

名称:超超久 純米吟醸 備前雄町 生 23BY
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:中野BC株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:地酒 みゆきや(通販)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年12月19日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 義左衛門 純米吟醸生 Free run(中取り) 三重山田錦 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 紀伊国屋文左衛門 純米酒 しぼりたて生 27BY >>

超超久いいですよね〜。
氷温熟成なのにこんなお手頃でいいのでしょうか…

雄町は飲んだ事あるのですが、山田錦は飲んだ事無いので、飲んでみたいです。
山田錦はキレイな熟成の仕方をすると勝手に思っているので…

以前取り上げられていた使用米表記無しの超超久は、山田錦と雄町のブレンドだそうですよ。蔵の営業の人がおっしゃってました。

2016年12月24日 お茶 URL 編集

>お茶様、コメントありがとうございます。
お、超超久の凄さを知ってらっしゃるとは嬉しいですねえ。
正直、マニアならスペック見た時点でビビるお酒なのに、まだまだ知名度が低いなあと思っております。

このお酒なら各スペックコンプリートしてみたいぐらいですよね。
私は現状、酒米の熟成適正までは頭が回っていないので、しばらくはひたすら飲み散らかす方針です。

へ~、ブレンドだったとは!情報ありがとうございます!
しかし山田錦と雄町なら、堂々と書いてくれればいいのに(笑)

2016年12月25日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する