雑賀 純米吟醸 本生無濾過 おりがらみ

本日の家飲み 雑賀(さいか) 純米吟醸 本生無濾過 おりがらみ

fc2_2013-03-19_15-43-22-841.jpg  fc2_2013-03-19_15-43-44-841.jpg

 和歌山のお酒、雑賀です。
 和歌山で雑賀とくれば、雑賀孫市に代表される雑賀衆を想起させますね。
 裏ラベルの記載や、蔵元のホームページの社長挨拶にもあるように、やっぱり社長はその末裔とのこと。
 日本酒の蔵元は流石に由緒正しいところが多く、歴史に直結するようなネーミング(川中島とか、秀よしとか)も多いので、そのあたりに思いを馳せながらいただくのも一興かと思います。

 注ぐと、にごっているというより、米の形が残ったままの滓が浮いています。
 この残り方は結構珍しいですね、どのように搾っているのかしら。

fc2_2013-03-19_15-44-32-114.jpg  fc2_2013-03-19_15-44-57-473.jpg

 上立ち香は爽やかなセメダインぽい感じがほんの少々。
 含むと、フレッシュな酸味が先に立つ感じで、そこに旨味や甘味や渋味が寄りそう形です。
 甘さは控えめながら、生らしく味わい自体はしっかりしていて口当たりはきつい感じではないですが、おりがらみのわりにはまろやかさはあまりないかな。
 また、飲み進めるとさらに渋味が出て来ますが、それが意外と飲み飽きない感じで良い感じです。
 後味は少々の渋味を残しつつ、酸味のスッキリ感でキレていきます。

 酸味による爽やかさが特徴の味わいでした。
 甘党の自分としては正直完全に好みから外れるのですが、不思議なことにこのフレッシュな渋酸味は個性として前向きに感じられました。
 濃い味の料理にも負けない食中酒としてぐいぐいいってしまいそうな危険性があるお酒だと思います。

 ちなみに、飲んでるときは忘れてましたが、こちらを醸している(株)九重雑賀は日本酒よりむしろ食酢がメインの会社みたいですね。
 また、梅酒も有名とのこと。
 酸味をメインに据えてうまく個性を出している味わいに、とても納得がいった気がしました。

fc2_2013-03-19_15-44-06-440.jpg

名称:雑賀 純米吟醸 本生無濾過 おりがらみ
製法情報:無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:麹55% 掛60%
酒米:麹米:山田錦 掛米:五百万石
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:+4.5
蔵元情報:株式会社九重雑賀(和歌山県岩出市)
製造年月:2012/11(23BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:7.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 雑賀 純米吟醸

2013年03月23日 和歌山の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< ファミマ・桜ミクさんキャンペーン戦利品 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 鍋島 純米吟醸 雄町 生酒 >>












管理者にだけ公開する