至 純米 しぼりたて生原酒

本日の家飲み 至(いたる) 純米 しぼりたて生原酒

20160812140227723.jpg  20160812140237746.jpg

 新潟県佐渡市、佐渡ヶ島のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね。

 こちらのお酒は奈良の「うのかわ酒店」さんから購入したのですが、その商品紹介ページにこんな記載がありました
 >「平成27年 1/1 に日本テレビにて放送された 「嵐にしやがれ」 で新潟 至(いたる)が V6リーダー坂元さん のお気に入りのお酒という事で、紹介されました! 」
 何気に地元銘柄の「真稜」でなく「至」を選ぶところはなかなかですね。
 私の家にはテレビが無いので感覚は全く分からないのですが、反応はかなりのものがあったようで蔵元さんは対応が大変だったとか。
 個人的にはこういうミーハー買いは否定するつもりは無く、そういうお客が定着すればより素晴らしいとは思いますが、なかなかそこまではいかないだろうなあ。

 スペック的には前回いただいたものとほとんど同じですが、より期間が限定されている「原酒」バージョン。
 後は、前回よりもしぼってから時間が経った状態で飲んだので、それも味わいに影響すると思われます。

20160812140249422.jpg

 上立ち香は青さがあって濃厚な果実の香りがそこそこに。
 含むと、複雑さのある、青く濃厚で、しかし柔らかさも感じるような甘旨味がググっと入ってきて、時間差で出てくる苦味と辛さでぎっちりと引き締まったまま、じわじわと染みこんできます。
 旨味はかなり濃いメロン的な青い甘味が主役、苦味も存在感があって、全体では結構味が多い印象を与えつつもくどくないのが見事ですね。
 後味はその青さを辛さが引き取ってしっかりキレます。

 複雑な味わいの世界をしっかり感じさせつつ、ダレない力強さのあるお酒でした。
 前回よりも断然良い印象ですが、これは上記の違いに加え、自分の好みが広がって、こういう奥深い魅力もより感じ取れるようになったということなんじゃないかと思っております。
 至、またどこかのタイミングでいただきたいお酒です。

 開栓後、数日経つとより柔らかくまとまりが出てきました。
 これは居酒屋でさらなる真価を発揮するお酒なのかもしれませんね、見かけたらお試しする価値はあるかと。

20160812140300737.jpg  20160812140310010.jpg

名称:至 純米 しぼりたて生原酒
精米歩合:60%
使用米:五百万石
アルコール度:18%
日本酒度:不明
蔵元情報:逸見酒造株式会社
購入価格(税抜):1,500円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.4/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 純米

2016年09月05日 新潟の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

<< 華一風 特別純米 槽直どり 生酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 麓井 生もと 純米吟醸 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/686-4ef2d746

真稜(しんりょう)「純米吟醸」至

 昨晩は新潟県の逸見酒造株式会社さんが醸す、真稜(しんりょう)「純米吟醸」至(いたる)をいただきました。いつみと読んでしまいそうですが、へんみしゅぞうさんだそうです。  下部のリンクにて紹介しておりますが、自分が良く寄る日本酒ブログでも、ここのところ見るようになってきた銘柄です。調べてみると2015年の正月に「嵐にしやがれ」(元日は嵐旅館開店SP)でV6のリーダー坂本昌行さんが、気に入ってい...

2016年11月08日 日本酒ブログ(由紀の酒)