風の森 愛山80 純米しぼり華 無濾過無加水生酒

本日の家飲み 風の森 愛山80 純米しぼり華 無濾過無加水生酒

20160721144456092.jpg  20160721144518715.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 当ブログ一押し銘柄の一つですね。

 今回セレクトしたのは、希少米(といいつつもはや各所で見かけますが)「愛山」を、2割だけ削って醸したいわゆる「低精白酒」です。
 低精白酒という言葉には厳密な定義はありませんが、大体精米歩合75から80%以上のものをいうことが多いようですね。
 最近はそういう歩合のお酒でも雑味や重さをあまり感じさせないお酒が増えてきており、一つのトレンドにもなっているように感じます。
 
 風の森は山田錦・雄町の80を前々からレギュラーラインナップに入れているので、この新時代低精白酒のジャンルでは先駆者の一人に含まれると思われます。
 愛山を利用したものについては昨年から出ているようですが、昨年は出荷量が僅少で飲食店向け限定品とされていたことから、風の森マニアとしては歯噛みをしておりました。
 実際外飲みでの印象はとてもよかったので、今年は速攻で確保して家飲みにこぎつけた次第です。

20160721144533218.jpg

 上立ち香は甘さとガス混じりのセメダイン香がそこそこに。
 含むと、芯のある甘旨味が強めのガスを伴って、チリチリしながらグワッと入ってきて、時間差で出てくる苦味と拮抗しつつ、ゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、やはり濃厚なマスカット的甘旨味が主役、裏方には酸味や苦味がからみ合って、確かに愛山らしい複雑な世界を創り出していますね、凄いのはそれを雑味と感じさせないところでしょう。
 後味は酸苦の余韻を残しつつ、自然にキレていきます。

 そんじょそこらの純米大吟醸が裸足で逃げ出す、まとまりのある個性派低精白酒でした。
 いやあこれが8割磨きとはどうしても思えませんね…、ちょっと常識では計り知れない凄みを感じます。
 風の森に関しては実は自分の口に合わないスペックもたまにあるのですが、これは完全に好みのラインでしたね。
 今後の新製品もできるだけ追っていきたいと思います。

 ただ、常温だとやっぱりちょっとうるさく感じるようになるかも、これはしっかり冷やしていただくのがオススメ。

20160721144551318.jpg

名称:風の森 愛山80 純米しぼり華 無濾過無加水生酒
精米歩合:80%
酒米:愛山
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):1,400円/720ml
購入した酒屋さん:うのかわ酒店(通販)
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

 

2016年08月13日 奈良の日本酒 トラックバック:1 コメント:2

<< 栄光冨士 「SHOOTING STAR」 純米吟醸 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 残心 純米吟醸 袋吊り無濾過生原酒 27BY >>

自分も頂きましたが、ホントに油長酒造さんの
醸造技術ってどうなってるんでしょうね…

実際一番安いアキツホの純米(でしたっけ?)でも
4合1000円前後でそんじょそこらの純米吟醸じゃ
太刀打ちできない美味しさですもんね><


2016年08月15日 スナフキン URL 編集

>スナフキン様、コメントありがとうございます。
確かにこの蔵の技術は謎が多いですね…
ただ、自分が下の記事の「最後に」で書いた部分あたりに秘密がありそうです。
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142917333344918801/

本当に秋津穂の純米に関してはちょっと図抜けたコスパですよね!
これは他の蔵でもたまに見ますが、飯米を徹底的に使いこなしてハイレベルなコスパ酒を醸すというやり方は非常に素晴らしいと思います。

2016年08月16日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/673-bfc60c8b

◤風の森 - 純米しぼり華 愛山80 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「サワーチェリーのような凝縮感のある酸と低精白ならではの大振りな旨みと甘みが広がろうとはするものの、全体のバランスは割りとタイトでドライ」#Fresh,

 風の森の新商品、愛山80です。実は26BYから展開していたんですが、去年は飲食店限定販売でした。今年は愛山米を一定量確保できたようで、ついに一般販売となりました。  そりゃそうとさ! これを買った某特約店では、この愛山の「笊籬採りVer」を特別に誂えてもらったらしいじゃん。正規版を買わせた後にとっておきを出してくるんだもんなー。まあいいよ、いつか呑めるだろ、イカッキーはさ。 ...

2016年08月17日 もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録