花陽浴 純米大吟醸 美山錦 27BY

本日の家飲み 花陽浴 純米大吟醸 美山錦 27BY

20160426092205917.jpg  20160426092241534.jpg

 埼玉県羽生市のお酒です。
 もはや語ることも切れてきたぐらいの、当ブログ定番銘柄。

 唐突ですが、個人的な経験として「八反錦又は美山錦のお酒が評価され、代表スペックになっている銘柄はレベルが非常に高い」という気がしています。
 具体的には、八反錦なら而今、屋守、宝剣他広島酒、美山錦なら津島屋、綿屋、美寿々や幻舞他長野酒といった感じですね。
 山田錦はよくその安定感が長所として言われ、「山田錦を削って醸せば、まずい酒にはならない」的な話も聞いたことがあるのですが、恐らく八反錦や美山錦はそうではないのでしょう。
 逆に言うと、そういうお米をあえて使うということは、蔵の造りと酒米の相性をしっかり把握しているということであり、その上で評価されるのは、まさに実力の証左なんじゃないかなあと、素人考えで想像します。

 と、関係ないような話を書きましたが、要は「八反錦と美山錦の両方を見事に使いこなしている花陽浴ってスゲー!」と言いたいわけです。
 さて、今回いただくのは定番となりつつある、美山錦の48、袋吊り無濾過生原酒。
 ハードルをしっかり上げて、いただきます。

20160426092329597.jpg

 上立ち香はやはり華やか濃厚なトロピカルフルーツ香がかなり強めに。
 含むと、極めて濃厚ながら酸で輪郭を保った甘旨味が自然な口当たりで入ってきて、そのままじわじわと染みこんできます。
 味わいはいつもの柑橘系果実の甘旨味が主役で、八反錦に比べると若干裏方の苦味そして酸味の存在感が増している気がします。
 後味はあくまで自然に甘さが引き上げてキレ。

 ブレない「花陽浴らしさ」をしっかりと感じる、まとまりのある濃厚甘旨酸酒でした。
 これだけ香りが強いのに、含むと香りよりもぐっとくる旨味の存在感の方が強いのがとても好きなところです。
 流石にこれだけ飲んでいるとネタ切れ感が強く、感想も大体被っているのですが、個人的な家飲み記録という意味もあるので、そのまま掲載させていただきます。
 それでも、花陽浴はこれからも飲んで行きたいと思います。

20160426092352639.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 美山錦 27BY
精米歩合:48%
酒米:美山錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:南陽醸造株式会社
購入価格(税抜):1,800円くらい(レシート紛失…)円/720ml
購入した酒屋さん:鈴傳
お気に入り度:8.8/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年05月26日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 花の舞 純米吟醸 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 翠露 純米吟醸 にごり生酒 美山錦 >>

いつも楽しく拝見させて頂いてます。

最近話題の酒蔵(特にジューシー系の味を造る蔵)は山田錦以外の酒米の造りがとても上手ですね。
逆にそういう蔵が山田錦を使うと綺麗にまとまりすぎて物足りないかも…と思う事もあります。
食用米を使って酒米と遜色無い味のものを造るところも多く、技術の進歩って凄いなぁと素人ながらに感心しております。

近い将来、後継者不足の問題等で充分な量の酒米が確保出来なくなる恐れもありますから、どんな米を使っても美味しく造れるというのは本当に大切な事だと思います。

ちなみに花陽浴の冬に出る「瓶囲無濾過生原酒」と、今の時期の「直汲み」との造りの違いが良くわかりません…
直汲みシリーズも好きなのですが、数が少なくて中々手に入りません。

2016年05月27日 お茶 URL 編集

>お茶様、コメントありがとうございます。
やっぱり山田錦以外の方が個性は出ますよね。
そして確かに物足りないこともあるのですが、さらにつきぬけて物凄い完成度(バランス・上品さ)で仕上げてくることもあって、油断はできません(笑)
飯米も増えてきましたよね!低精白酒もそうですが、最近はそのあたりの造りに関する常識が通用しないぐらいに、技術の進歩が著しいように思えます。

酒米不足はどうなんでしょうね… ここらへんは国の政策によるところも大きいと思えます。旭酒造がロビー含め頑張っている印象ですが、どうにか良い方向に進んでほしいところです。

私も花陽浴の直汲みについてはよくわかりません(苦笑)おっしゃる通りほとんど手に入らないので… 

2016年05月27日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する