FC2ブログ

花陽浴 純米大吟醸 八反錦 おりがらみ HNB48 

本日の家飲み 花陽浴 純米大吟醸 八反錦 おりがらみ HNB48

fc2_2013-02-25_00-34-21-656.jpg  fc2_2013-02-25_00-34-41-314.jpg

 またまた花陽浴です。
 今回は通常品より多く磨いている、八反錦48%の限定おりがらみ。
 そのため少々お高めですが、同じ純米大吟醸でも山田40よりは遥かにお求めやすいお値段です。
 なぜか今年からラベルが一新されてますね、銀色に光るラベルとブルーボトルはなかなかの存在感です。

 ちなみに「HNB48」という愛称は、ラベル等には記載はありません。
 ただ、各酒販店さんが使っている上にオフィシャルブログにも記載があったので、まあ公式な愛称なのでしょう。
 個人的には「安直過ぎるのでは?」という気もするのですが(笑)、わかりやすいのでここでも記載。

 注ぐと、おりがらみらしく、わりとはっきり濁っています。
 とはいえ口当たりに違和感はなく、うすにごりといった風情です。

 上立ち香はいつもの花陽浴らしい、強めのフレッシュな果実香。
 含むと、これまたいつもの花陽浴らしい、とろみを感じるほどに濃厚でフルーティーな甘旨酸味がじんわりと広がります。
 ただ、他のスペック以上にそれは柔らかく、優しい感じですね。
 おりがらみらしいまろやかさもありますが、それ以上に高精白っぽい上品さを感じるのです。
 いつも通りの濃厚さを残しながら、いつも以上に雑味を感じさせない味わいは、通常品の上位スペックとして理想的であるように思えます。
 後味は、飲み下した数秒後には、余韻すら消えているような素晴らしいキレ方。

 これは本当に、非の打ち所のない、かつ私の好みど真ん中の旨酒でした。
 48%という数字以上に磨いているかのような印象を受ける上品さは、同じく袋吊りである花陽浴の他のスペックと比べてもはっきりと際立ちます。
 個人的にも、このHNB48は花陽浴の中で現状一番好きなスペックですね。
 四合瓶1800円でこれだけ贅沢な気分にさせてくれるというのは本当に素敵です。

 ちなみに、その雑味皆無の上品な旨みをストレートに感じるためにも、開栓後はなるはやで飲むことがオススメです。

fc2_2013-02-25_00-42-33-742.jpg

名称:花陽浴 純米大吟醸 八反錦 おりがらみ HNB48
製法情報:無濾過生原酒 おりがらみ
精米歩合:48%
酒米:八反錦
アルコール度:16%
酵母:不明
日本酒度:+1
蔵元情報:南陽醸造株式会社(埼玉県羽生市)
製造年月:2013/1(24BY)
購入価格(税込):1,800円/720ml
お気に入り度:9.0/9.0(値段を考慮に入れても「マイ殿堂入り」)
46

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年02月27日 埼玉の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 慶樹 「特純」 厳選槽場汲み 無濾過原酒 揖斐の誉 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 大那 特別純米 無濾過生原酒 限定直汲み >>












管理者にだけ公開する