花の香 純米大吟醸 無濾過生原酒 「桜花」

本日の家飲み 花の香 純米大吟醸 無濾過生原酒 「桜花」

20160425095420479.jpg  20160425095434979.jpg

 熊本県玉名郡和水町(たまなぐんなごみまち)のお酒です。
 外飲みは経験あり、家飲み&ブログでの紹介は初めてですね。

 このお酒については「蔵元社長が獺祭の旭酒造で修業していた」ということと、イベント試飲での好印象から、以前から目を付けていました
 そして最近四ツ谷の有名酒販店「鈴傳」さんで取り扱いを開始しているのを確認し、今回購入した次第です。(実際に飲んだのは地震の前)
 なお、蔵元さんがFacebookでお知らせしているのを見るに、「弊社はタンクのズレがあった程度で、社内での人命にかかわることや怪我などの大きな被災はありません。」とのこと、まずはなによりですね。

 ただ、やはり熊本の他の蔵は大打撃を受けているところもあるようで…、一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申しあげます。
 ところで、今回すごいなあと思ったのは、香露蔵(及び9号酵母)の状況について、南部美人の蔵元がいち早くホームページで状況のお知らせを記載していたことです
 さすが震災時に「飲んで応援」の気運を高めた蔵ですね、今後の復興を支援する意味で、とても効果的な情報発信だと感じました。

 さて、お酒に話を戻しますと、今回いただくスペックは山田錦の50磨きの純米大吟醸ということで、どこかで聞いた感じですね(笑)、ただ無濾過生原酒なので方向性は獺祭とはかなり違う気もします。
 肩ラベルにある「はねぎ搾り」とは、ググったところ「巨大な一本の木を天井から吊して、てこの原理で槽の中のもろみを丁寧に時間をかけ搾るという手法。」らしいです。
 うーむ、想像がつかない…、これはいつかホームページで詳細な解説が欲しいところですね。
 
20160425095457828.jpg  20160425095526134.jpg

 上立ち香は濃厚フレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、若干トロミを感じさせるぐらいに濃厚な甘旨味が上品に入ってきて、柔らかな酸味を伴いながらゆっくりと染みこんできます。
 味わいは、まさに蜜たっぷりのリンゴの旨味が主役で、素晴らしく雑味が無く、今時の生原酒の王道を行きつつも一歩抜きでた完成度を感じます。
 後味は最後まで優しさを感じさせる酸味で、自然にキレていきます。

 奇を衒わない直球の旨味を、非常に純度濃度高く、最後まで素直に楽しませてくれるお値段以上の旨酒でした。
 うーむ、獺祭で修行したと言われると妙に納得感のある癖の無さと、最大公約数的な旨みの魅力がありますね。
 無濾過生原酒らしいこの路線は激戦区ではありますが、その中でも頭一つ抜け出た完成度を感じました。
 花の香、今後要注目銘柄であることは間違いないと思います。

20160425095513548.jpg

名称:花の香 純米大吟醸 無濾過生原酒 「桜花」
精米歩合:50%
酒米:山田錦
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:花の香酒造株式会社
購入価格(税抜):1,505円/720ml
購入した酒屋さん:鈴傳(四ツ谷)
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年04月26日 熊本の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 真澄 純米吟醸 うすにごり 搾りたて生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 慶樹 特別純米酒 槽場無濾過生原酒 27BY >>












管理者にだけ公開する