金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒 27BY

本日の家飲み 金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒 27BY

20160224180955288.jpg  20160224181023397.jpg

 福島県郡山市のお酒です。
 全く同じスペックを去年もいただいています、蔵の特徴等はそちらの記事をご参照ください。

 このスペックを頂いて以来、自然酒の各種商品はチェックしていたのですが、どうもタイミングが合わず一年経ってしまいました(同蔵の「穏」は1本いただいていますが)。
 基本的に、日本酒の特定スペックは本当に一期一会ですね…、四季醸造蔵でもない限り期間はかなり限られますし、そもそも生産量が少ないものについては当然売り切れも早い。
 一升瓶数百本とかの出荷数なんてざらですからね、地酒というのは本当に特殊な商品なんだなあと思いを巡らせてしまいます、そんなお酒と巡りあうというのは、ある意味奇跡的と言っても良いのかもしれません。

 閑話休題、今回いただくのもそんな限定品ですね、去年になかった「別誂え」という謳い文句が気になりますが、たぶん中身は同じでしょう。
 お値段は相変わらず、歩合に対しては割高に見えますが、お米へのこだわりを考えるとむべなるかなという感じです。

20160224181055708.jpg

 注ぐと、細かい気泡がグラスにつきます。
 直汲みとはいえ風の森以外では、ここまではっきりしているのは珍しいですね。

 上立ち香は甘くフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、非常に濃厚な甘旨酸味が若干のガス感と共に入ってきて、その酸味と裏方の苦味でしっかりと引き締まったままで、ジュワーッと染みこんできます。
 味わいは、甘味と酸味と苦味がそれぞれ強烈に主張しながらせめぎ合う賑やかなもので、
 後味は苦酸でしっかりと引き上げていきます。

 芳醇そのものの甘旨味をガス感が引き締める、個性派シュワシュワ旨酒でした。
 大体去年の印象と同じですね、これだけ骨太の個性があると、多少のブレは吸収されるのでしょう。
 このスペックは自分にとって鉄板であると改めて確信できました。
 金寳自然酒、今後も色々なスペックを試していきたいと思います。

 開栓後数日経つと、ガスが抜けて甘味が前面に出てきます。
 うーむ、ちょっとダレ感があるかなあ、このお酒に関しては開栓直後のバランスが好きですね。

20160224181134882.jpg  20160224181304098.jpg

20160224181326430.jpg

名称:金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒 27BY
精米歩合:70%
酒米:不明
アルコール度:17%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社仁井田本家
購入価格(税抜):1,585円/720ml
購入した酒屋さん:矢島酒店
お気に入り度:8.7/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年03月22日 福島の日本酒 トラックバック:1 コメント:0

<< 若竹屋 純米吟醸 「渓」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | ぽたりぽたり きりんざん 純米吟醸原酒生 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
https://marumechi.blog.fc2.com/tb.php/606-553ccfec

◤金寶自然酒 - 自然酒の生しぼり 純米原酒 28BY ── dಠಠb「篠峯を扱ってる酒屋が篠峯好きのオレにコレを薦めるのは、NYハウスを扱ってるレコード屋がオレにももクロのCDを薦めるようなもの。勝手にTwitterで激賞して

検索ワード:自然酒の生 しぼり仁井田本家  遂にこの日がやってきました、金寶自然酒 (サモ・ハン・キンポー・しぜんしゅ) です。まあ、そこまで気負う必要もないんですが、最近アクセスするようになった読者さんに簡単な経緯を説明すると、ざっとこんな感じです。  まず、BBS誕生のキッカケになった一連の「高ちYO祭り」という珍現象がありまして、この予期せぬ偶発的な盛り上がりの中で...

2017年03月18日 もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録