ぽたりぽたり きりんざん 純米吟醸原酒生

本日の家飲み ぽたりぽたり きりんざん 純米吟醸原酒生

20160224180824306.jpg  20160224180910245.jpg

 新潟県東蒲原郡阿賀町のお酒です。
 ブログでの紹介は2回目ですね。

 前回は「新潟の辛口酒を試す」というコンセプトで「純辛」をいただきました、その時から次に飲んでみたいと思っていたのがこの「ぽたりぽたりきりんざん」です。
 自分としては最近、辛口押しだったり、酒屋の常温棚に並んでいるような銘柄こそ、一度は生酒を飲んでみたいと思うようになってきたので…
 このお酒の裏ラベルにまさに書いてありますが、「時代に合わせていく感覚」を蔵がどうとらえているかを知るには、特定名称酒クラスの生酒を飲むのが手っ取り早いように、自分には思えるのです。

 このお酒、なぜかラベルに特定名称の記載はありません、が、蔵元ホームページの商品紹介を見ると、「純米吟醸原酒生」という独特な表記がありますね。
 うーむ、意図が良くわからない…、裏ラベルに杜氏直筆メッセージが記載されているのは素敵だと思うのですが。
 ちなみに使用米は五百万石とのこと。


 上立ち香は濃いめながらスッキリとしたお米の香りがそこそこに。
 含むと、何とも個性的な旨味が素直に入り込んできて、徐々に出てくる苦味に締め付けられつつじんわりと染みこんできます。
 味わいは、うーん薬臭いというか、かなりクセっぽい苦酸味が絡みついた旨味が主役、全体的にはとても引き締まった印象です。
 後味は苦酸が見事に引取り、しっかりとキレます。

 生酒らしい濃厚な旨味を、個性的な苦酸味が締め上げ、キリッとした味わいの世界を見せてくれるお酒でした。
 最初は苦味のクセっぽさが気になったのですが、しばらくすると慣れます、面白さはあるので人によってはそれこそクセになるかも。
 これは辛口というべきなのかなあ…、甘味が少ないのとキレがあるのは確かなのですが、ピリピリ感はそんなには強くない感じでした。
 麒麟山、今後の動向に注目していきたいと思います。

 なお温度が上がってくると、ようやく甘味が出てくる気がします。
 個人的には、これは常温が好みですね。

20160224180931776.jpg

名称:ぽたりぽたり きりんざん 純米吟醸原酒生
精米歩合:55%
使用米:五百万石
アルコール度:16~17%
日本酒度:不明
蔵元情報:麒麟山酒造株式会社
購入価格(税抜):1,600円/720ml
購入した酒屋さん:伊勢五本店
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年03月19日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 金寶自然酒 純米原酒 槽口直汲み生原酒 27BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 國権 純米生原酒 垂れ口 >>












管理者にだけ公開する