風の森 ALPHA TYPE4

本日の家飲み 風の森 ALPHA TYPE4(アルファー タイプ4)

20160102175544852.jpg  20160102175627952.jpg

 奈良県御所市のお酒です。
 新年酒第1弾は、やはり私のお気に入り銘柄筆頭の風の森、その超限定品としました。

 今回いただくのは、風の森のなかでも、蔵元さんが色々と新しい試みを行ったお酒に付けられる「アルファ」シリーズの第4弾です。
 アルファの1~3は「低アル」「高精白」「火入れ」とそれぞれテーマがありました、そして今回の4のテーマは「氷結採り®」。
 「氷結採り®」の詳細は商品同封のメッセージカードや、各酒屋さんの商品解説に記載があります。
 ざっくりいうと、酒製造の「搾り」の工程において、重量比による「酒粕」と「酒」の分離を行うことで、空気や絞り器とお酒が触れることによる劣化を極限まで抑えているようです。
 通常では酵母の働きでタンク内で対流が生じているため、放っておいても完全には分離しないのですが、そこを技術的に解決しているのがポイントみたいですね。
 「笊籬採り」もそうですが、風の森の酒質管理に関する極めて強いこだわりが産みだした技術といえるでしょう、ちなみに特許出願中らしいです。

 他のスペックとしては、以前紹介した「アルファ2」と同じく、秋津穂を22%と削りに削っています。
 お値段はさらに上乗せで四合瓶5000円…、私は通常買わない領域ですね、まさに特別な一品。
 洒落た箱の他、メッセージカードにバッジと、付属品が充実しているのもポイントかな。

20160102175525754.jpg  20160102175908565.jpg

20160102175801183.jpg  20160102175608265.jpg

 開栓時は、やはりシャンパンがごとく栓が天井まで飛びました。
 というかガラスにあたったらヘタしたら割れそうな勢いです、ガチで要注意。
 注ぐと、細かな気泡がグラスにつきます、ここらへんは他のスペックと変わりませんね。

 上立ち香はやはりガスメインの甘さ混じりながらスッキリとした香りがそこそこに。
 含むと、濃厚ながら透明感のある甘旨味が、きめ細かいガスと共にジュワジュワと染みこんできます。
 味わいは、いつもの風の森ラインのサイダー的かつバニラ感のある甘旨味が主役で、高精白にありがちな線の細さはなく、兎に角純度と濃度が高い印象。
 後味は裏方に苦味を感じさせつつ、あくまでキレイにキレていきます。

 通常の純米大吟醸とは明らかに趣を異にした、非常に透明感のあるチリチリフレッシュ芳醇甘旨酒でした。
 いやあ新年に相応しい、硬質な輝きを感じられるようなお酒でしたね、素晴らしいキレです。
 ただ、ガスがやはり強いので、高精白らしい優しさより、パンチの強さが表に出てくる感じもありました。
 これは開栓直後に飲みきってしまうのは勿体無いなあ…、また後日続きを楽しもうかと。

 とりあえず二日目は、ガスが良い感じに抜けて、さらに濃厚さが表に出てきました。
 やっぱり、いつもの風の森らしく置いておくとまた別の魅力が出てくる予感がします。

20160102175714845.jpg

20160102175818901.jpg

20160102175834703.jpg

名称:風の森 ALPHA TYPE4
精米歩合:22%
酒米:秋津穂
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:油長酒造株式会社
購入価格(税抜):5,000円/720ml
お気に入り度:値段がいつもと違い過ぎるので付けません

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年01月02日 奈良の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 而今 特別純米 にごりざけ生 27BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 2016年の新年酒(&年末酒)について >>












管理者にだけ公開する