鳴海の風2 特別純米 直詰め生

本日の家飲み 鳴海の風2(なるかのかぜ2) 特別純米 直詰め生

20151110003247600.jpg  20151110003257885.jpg

 千葉県勝浦市のお酒です。
 ブログでの紹介はこれで3回目。

 最近私の一押し銘柄の一つに確定した鳴海です。
 今回は「鳴海の風」ということで、夏っぽいラベルデザインですし、裏ラベルにも「太陽の季節にぴったり」という記載もあるので、夏酒のカテゴリの商品と思われます。
 が、謎なのはこれ、10月蔵出しみたいなんですよね、むしろひやおろしの時期という…
 理由は不明ですが「夏酒として造ったけど、寝かせても旨そうだったんで一部寝かせた」みたいな判断だったら面白いかも。

 使用米は五百万石、前回紹介したスペックが山田錦で、前々回が酒こまちだったので、いい感じに米違いの比べ飲みになってますね。
 五百万石で造ると淡麗系になりがちと一般的には言われています、が、而今や寿喜心のように明らかにそのイメージから離れた酒質のものもあり、結構造り手次第で化けるお米と個人的には思っています。
 さて、こちらはいかがでしょうか。

20151110003314111.jpg

 上立ち香りはトロピカルでフレッシュな果実香がそこそこに。
 含むと、香りの印象通りのフレッシュフルーティー、かつ芳醇な甘旨味が力強く入ってきて、ガスっぽい苦味に締め付けられながら染み込んできます。
 旨味はまさにトロピカルフルーツといった印象の甘味が主役、うーん極めて芳醇でトロミすら感じますね、ただ苦味も結構強めで印象は結構引き締まった感じ。
 後味はガス感と苦味が引き取ってスッキリとキレます。

 高濃度の旨甘味を控えめなガス感が包む、芳醇ながらダレないまとまりのあるお酒でした。
 いやあやっぱり鳴海の直汲みは私の好みド直球ですね…。
 この炭酸と甘味のコラボというのは風の森を想起させますが、やはり味わい自体は完全に別。
 鳴海、今後も密着して追い続けようと思います。

 開栓後は…、二三日は大丈夫でしてが、それ以上は苦味がでますね。
 ちょっと崩れたかな…、こちらは早めに飲み切るのをオススメします。

20151110003324911.jpg

名称:鳴海の風2 特別純米 直詰め生
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:17~18%
日本酒度:+-0
蔵元:東灘醸造株式会社
購入価格(税抜):1,350円/720ml
お気に入り度:8.5/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2016年01月23日 千葉の日本酒 トラックバック:0 コメント:2

<< 田酒 特別純米酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 永寶屋 辛口純米 八反錦 無濾過生原酒 >>

千葉率は低いのですが、なかなか美味しそうですね~。取り寄せて見ようかな。

2016年01月24日 明@由紀の酒 URL 編集

>明@由紀の酒様、コメントありがとうございます。

千葉出身としては、たまには千葉酒も是非ためしてみて欲しいです(笑)
鳴海はその中でもオススメですね。ちなみに都内なら、ふくはら酒店さんや伊勢五本店さんが取り扱っているはず。

2016年01月25日 まるめち URL 編集












管理者にだけ公開する