玲瓏 特別純米酒

本日の家飲み 玲瓏(れいろう) 特別純米酒

20151110003210446.jpg  20151110003226150.jpg

 宮城県名取市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 実はこのお酒、仕事で仙台に出張した帰りがけに、市内の百貨店「藤崎」で購入しました。
 地方都市の百貨店の日本酒売り場に立ち寄ると、その地方の「地酒」に関する認識が伝わってくる気がしますね、地元県や周辺県のお酒をしっかり揃えているのをみると嬉しくなります。
 (逆に、県内産のお酒が皆無だったり、2回火入れの贈答品ばかりで日本酒用の冷蔵庫が無かったりするとがっくりきます)
 ちなみにこの藤崎さんの品揃えは流石の一言でした、酒どころ東北の中心都市だけのことはあります。
 一仕事終えた開放感の中、四合瓶2本と地元銘柄カップ酒、それに牛タンジャーキー等(あと萩の月)を購入し、ルンルンと帰途についた次第です。
 
 さて、今回いただくのは、はっきりと今風を志向したラベルデザインの限定酒、こういうのは「新しい酒質にしてます!」という姿勢が分かり易くて良いですね。
 こちらを醸す佐々木酒造店の通常銘柄は「浪の音」。
 滋賀にも同名のお酒がありますね、弊ブログでも紹介済みです、ただそちらは基本「浪乃音」なので見分けはつく…かな。(読み方は両方「なみのおと」です)


 上立ち香は華やかな吟醸香が割と強めに。
 含むと、意外にも落ち着いた印象で濃厚の甘旨味がぐっと入ってきますが、徐々に酸味も出てきて今風のフルーティー感を伴いつつ染みこんできます。
 旨味は、程よく熟した果実の甘味が主役、ただ五味それぞれ感じる印象で、全体としては複雑な印象を残しつつバランスが取れている感じ。
 後味は酸苦がキツさなく受け持って、しっかりとキレます。

 よくあるフルーティー系のお酒と一線を画した、複雑さ奥深さがありながらスイスイ飲める面白いお酒でした。
 最初に含んだ時は「古臭い系か?」と身構えたのですが、飲み進める程に軽さ甘さも出てきて、飲み飽きないバランスになった気がします。
 いやあやっぱり地酒って楽しいなあ…、どれだけ色々なお酒を飲んでも、常に新たな発見がありますね。
 玲瓏は浪の音とともに、いつかまた出会いたいなあと思いました。

20151110003236340.jpg

名称:玲瓏 特別純米酒
精米歩合:60%
酒米:不明
アルコール度:15~16%
日本酒度:不明
蔵元情報:有限会社佐々木酒造店
購入価格(税抜):1,674/720ml
お気に入り度:8.3/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 玲瓏 特別純米

2016年01月17日 宮城の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 虎穴 純米酒 無濾過生原酒 「ver.古田織部 乙澄酒」 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 【ギャザリー】「【自分用メモ】いつか家飲みしたい日本酒銘柄まとめ」 >>












管理者にだけ公開する