真野鶴 純米吟醸中取り 無ろ過生原酒 緑山生 緑紋山田錦

本日の家飲み 真野鶴(まのつる) 純米吟醸中取り 無ろ過生原酒 緑山生 緑紋山田錦

20150705153752604.jpg  20150705153805244.jpg

 新潟県佐渡市のお酒です。
 家飲み、外飲み含め初めていただきます。

 こちらの真野鶴は、「至」と同じく佐渡のお酒なのですが、正直なところ全くのノーマークだったところを、酒屋さんに薦められて購入しました。
 その酒屋さんは金町の「SAKEOH 酒逢」さん、もともと「寿喜心」目当てで訪ねてその旨を伝えたところ、味わい的にこちらもオススメとのことでした。
 まあ取扱い銘柄を眺めると一目瞭然ですが、なかなかこだわりのある酒屋さんで、店長さん曰く「実力一流、知名度三流」の銘柄を応援していきたいとのこと。
 素晴らしい姿勢だと思います、個人的にも応援したいですね。

 さて、このお酒は緑ボトルに緑の家紋が目を引くデザイン。
 スペック的には山田錦利用の中取りと結構贅沢なもので、お値段も少々お高めですが割高ではないでしょう。

20150705153827136.jpg  20150705153816625.jpg

 上立ち香はスッキリとした柑橘系の果実香が気持ち強めに。
 含むと、極めて濃厚ながら透明感のある甘旨味が自然に入ってきて、そこそこの酸味で引き締められながら流れ込んできます。
 旨味は酸を伴う爽やかな甘味が主役で、イメージとしては柑橘系果実、そして雑味の無さが素晴らしいですね。
 後味は酸でスッキリと、かつ自然にキレます。

 中取りらしい雑味の無さと山田錦らしいバランスの良さ、無濾過生原酒らしい旨味の濃さを兼ね備えた非常に完成度の高いお酒でした。
 このとろみを感じるような甘旨味、私のストライクゾーンど真ん中ド直球でした、酒屋さんの見立てはお見事でしたね。
 真野鶴、今まで意識していませんでしたが今後はがっつり注視していきたい銘柄です。

 温度が上がると少し苦味が立つような…
 これはセオリー通りしっかり冷やして頂いたほうが良さそうです。

20150705153839532.jpg

名称:真野鶴 純米吟醸中取り 無ろ過生原酒 緑山生 緑紋山田錦
精米歩合:56%
酒米:山田錦
アルコール度:17.5%
日本酒度:+-0
蔵元情報:尾畑酒造株式会社
購入価格(税抜):1,700円/720ml
お気に入り度:8.6/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年08月09日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 農口 山廃純米 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 渡舟 純米吟醸 五十五 濾過前 >>












管理者にだけ公開する