名声超十方 純米吟醸 袋吊り 無濾過生原酒

本日の家飲み 名声超十方 純米吟醸 袋吊り 無濾過生原酒

20150506014321061.jpg  20150506014352013.jpg

 福岡県京都郡みやこ町のお酒です。
 同じ蔵のお酒は以前に家飲み済み。

 こちらを醸す林龍平酒造場の通常銘柄は「九州菊(くすぎく)」ですね、当ブログではまた別の限定銘柄である「残心」というお酒を以前紹介しています
 ちなみに、このお酒も残心同様「うのかわ酒店」さんでの購入。
 しかしインパクトのある名前ですね…、裏ラベルに少し解説があります。
 読み方は「みょうしょうちょうじっぽう」、仏教用語で「名が声となってあらゆる世界に拡がってゆく」という意味とのことでした、うーん何ともすごいところから持ってきましたね。

 ラベル的にもなかなか目立ちますね。
 スペック的には雄町を55%まで磨いた袋吊りということで、お値段も結構お高め。

20150506014335788.jpg

 上立香はすっきりとした吟醸香がそこそこに。
 含むと、五味が絡み合ったような複雑かつ非常に濃厚な旨味が、これまた強めの辛さで引き締められながら入り込んできます。
 旨味は、うーんこれは複雑ですね…熟成したかのような落ち着いた甘味を特徴的なほろ苦さが輪郭を付ける、まさにオンリーワンの味わい。
 後味はその苦味でキリリとキレます。

 極めて個性的な、しかし一つの完成された世界を感じさせる濃厚旨苦辛酒でした。
 甘味の関係で個人的なストライクゾーンからは外れますが、こういうお酒は一度は飲んでみる価値があると思います。
 残心も含め、九州菊のお酒はもっと全国で知られてよいレベルだと、改めて感じました。

 なお、こちらのお酒の真骨頂は実は開栓後の変化にあると感じました。
 実は最初の一口はちょっと薬くさいクセがあるかな…、と感じたのですが少し飲み進めるととそんな完全に違和感が消えました。
 さらにしばらく空気に触れさせておくと、甘味が出てきて口当たりも優しく…
 いやあこれほどまでに変化の激しいお酒は珍しいですね、一緒に飲んだ母君もこれには驚いていました。

20150506014423922.jpg

名称:名声超十方 純米吟醸 袋吊り 無濾過生原酒
精米歩合:55%
使用米:雄町
アルコール度:17.5%
日本酒度:+10
蔵元情報:林龍平酒造場
購入価格(税抜):1,800円/720ml
お気に入り度:8.2/9.0(値段も考慮に入れて)

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年06月26日 福岡の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 長龍 稲の国の稲の酒 純米 無濾過生原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 奥羽自慢 特別純米 うすにごり生原酒 しぼりたて直汲み >>












管理者にだけ公開する