(プチ感想)黒村祐 本生

名称:黒村祐 本生
飲んだ場所:酒徒庵

soto0209 (3)  soto0209 (4)

 ブログ掲載状況の通り、私は基本四合瓶2,000円を超えるお酒は家飲みの対象から外しています。
 そういうお酒を飲みたい場合、良心的な居酒屋さんでちびっとだけいただくことで欲求を処理している次第。
 そのうえ貧乏舌なので必ずしも高いお酒を美味しく感じるわけではないのですが、やはり物凄いお酒に出会うこともあります。
 
 その一つがこの黒村祐。
 常盤ラベルで感じられた上品な甘旨味を、さらに高純度に精製して濃厚にしたかのような滑らかな味わいには、しばし言葉を失ってしまいました。
 高精白にすることで単に雑味を無くすだけでなく、透明度を保ったまま旨味を濃度を上げてきたこのお酒、確かにお値段以上の価値があると思います。

 店長さんも自信満々に「旨いでしょ」と一言。
 いや本当に旨かったです…、いつか特別な日に家飲みしたいところ。

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2015年03月04日 新潟の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 天吹 純米大吟醸 生酒 バナナ酵母 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 井の頭 純米生原酒 無濾過 「みふゆ月」  >>












管理者にだけ公開する