常山 純米吟醸 ひとつ火 ~蔵の隠し酒~

本日の家飲み 常山 純米吟醸 ひとつ火 ~蔵の隠し酒~

1416127073472.jpg  1416127082813.jpg

 福井県福井市のお酒です。
 家飲みは初めて、外でも…うーん確か初めてだったような。

 福井というと一般的にあまり酒どころという印象はない気がしますが、個人的には「黒龍」「梵」という全国に名を馳せる銘酒や、当ブログでも紹介している「白岳仙」「舞美人」「花垣」「越前岬」などなど新進気鋭銘柄がひしめいている地酒激戦区の一つという認識です。
 常山も前から名前は見ていましたが、扱っている酒屋さんと接点がなく、今回初調達となりました。

 今回いただくのは「蔵の隠し酒」だそうですが、ちょっと意地悪に考えると「隠し酒なら普通に売り出しているのはどうよ」という気もしますね、個人的にそういう煽りは大手酒造っぽくてあまり好きではないかも。
 ただ、ラベルのデザインは洒落ていますし、情報量もちゃんとあって、こちらは好印象。
 また「越の雫」という使用米は初めて見たような…、新潟ではなく福井発祥のお米らしいです。

1416127096866.jpg  1416127108285.jpg

1416127120741.jpg

 上立ち香は落ち着いたお米の香りがそこそこに。
 含むと、透明感がある甘旨味がスッと入ってきて、味わいを強めながらじわじわと染みこんできます。
 旨味は程よく熟した感じの果実の旨味で、強めの甘味が主役かつ雑味が皆無の完成度の高い味わい。
 流石「火」を前面に出しているだけあり、旨味を落ち着かせ整えるという火入れの良い部分が出ているような…(思い込みかも)
 後味はほんの少々の辛さを舌に残し、優しくキレます。

 上品かつやさしく熟した甘旨味が魅力の、落ち着きのある旨酒でした。
 炎のような激しさとか、蛍火のような儚さよりも、暗く寒い冬の夜に燈火を見つけたときのような、そんな暖かさを個人的には感じました。
 常山、今度はまた他のスペックもいただいてみたいと思います。

 温度が上がってくると、ちょっと薬臭い感じのクセが出てくるかも。
 個人的には、ある程度冷やしていただくのがオススメです。

1416127150195.jpg  1416127135287.jpg

名称:常山 純米吟醸 ひとつ火 ~蔵の隠し酒~
精米歩合:55%
酒米:越の雫
アルコール度:16%
日本酒度:不明
蔵元情報:常山酒造合資会社
購入価格(税抜):1,450円/720ml
お気に入り度:8.1/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

タグ: 常山 純米吟醸

2014年12月29日 福井の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< 花陽浴 純米吟醸 美山錦 おりがらみ生 26BY | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 太冠 特別純米酒 >>












管理者にだけ公開する