井の頭 純米 ひやおろし

本日の家飲み 井の頭 純米 ひやおろし

1416126540282.jpg  1416126552928.jpg

 長野県伊那市のお酒です。
 外では何度もいただいています、家飲みは二回目。

 先日(もう結構前ですが)会社の同僚と「しんばし光寿」で飲み会をやりました。
 そこで、折角新橋に寄るのだからと合流前にダッシュで「信州おさけ村」に寄り、購入したお酒の一本がこちらです。
 荷物の関係上四合瓶2本が限界だったので厳選したひやおろし2本としました、もう一本は次回に。

 井の頭は大長野酒まつりで出会ってから、私の大好きな長野酒の中でも特にお気に入り銘柄であることは、前回の記事で書きました。
 今回はその時いただいた純米吟醸とはお米も歩合も違うひやおろしです、さていかがでしょう。
 しかし、ひやおろしなのにこれも要冷蔵の記載がないのですがどういうことなのでしょうか。
 一回火入れだけど保存としては常温可なのか、はたまた二回火入れでひやおろしを名乗っているのか、個人的には気になるところです。

1416126576279.jpg

 上立ち香は少し熟した吟醸香っぽいものがごくわずかに。
 含むと、甘味中心の旨味がググっときて、そこそこの辛さと渋味で舌を刺激して強い存在感を示しつつ入り込んできます。
 旨味はまさに完熟果実といった趣で、井の頭特有の芳醇ながら落ち着いた味わいの世界が展開されます。
 味わいは通常の火入れ以上に濃厚さが楽しめる感じなのですが、少し渋味が強いかな…、私が惹かれたホッとするような優しさの面では少し後退しているかも。
 後味は辛さと渋味で濃厚な旨味をしっかりと引き上げてキレる感じ。

 元々完熟果実的な趣きのある井の頭の旨味が、さらに濃厚に熟成された感じのお酒でした。
 十分に魅力的なのですが、個人的には純米吟醸のバランスの方が好きかな…。
 ただ、実はしばらくお酒を飲まない期間が続いた後に飲んだので、その個人的な状況が影響しているのかも(あと、期待感によるハードルの上げすぎ)。
 次は是非ともあえて生酒をいただいて、確かめてみたいと思います。

1416126589807.jpg

名称:井の頭 純米 ひやおろし
精米歩合:59%
酒米:ひとごこち
アルコール度:15%
日本酒度:+-0
蔵元情報:漆戸醸造株式会社
購入価格(税抜):約1,300円/720ml(レシート紛失…)
お気に入り度:8.2/9.0

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2014年11月27日 長野の日本酒 トラックバック:0 コメント:1

<< 水尾 紅 ひやおろし 純米吟醸 原酒 | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 而今 特別純米 九号酵母 火入れ 25BY >>

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014年11月29日 編集












管理者にだけ公開する