FC2ブログ

而今 特別純米 にごりざけ生

年末年始の家飲み その4 而今 特別純米 にごりざけ生

fc2_2013-01-01_23-04-14-216.jpg  fc2_2013-01-01_23-04-53-537.jpg

 実家で最後に開けたのは、而今です。
 前3本は大みそかに開封したため、新年一発目はこれでした。

 実は今年の乾杯酒をこれにすることはずいぶん前から決めていました。
 もう1年ぐらい前になりますが私の而今初体験は23BYのにごりでして、その旨さがあまりに鮮烈で忘れがたいものだったために今回必死に入手した次第です。

fc2_2013-01-01_23-05-30-885.jpg

 これも開栓注意の標記がありますが、ちゃんと安静にしていたため、吹き出しはありませんでした。
 今回は最初からしっかりゆっくり混ぜていただきます。

 注ぐとカルピスソーダのように濃く白濁しつつ、炭酸がシュワシュワとでてきます。
 上立ち香は、にごりっぽいまろやかで甘い米の香りに、而今らしい果実臭がほんのりと混ざる感じ。
 含むと、けっこうなピリピリ感があるものの、とろみ感も同時に感じます。
 味わいは以前飲んだどぶろっくに近いスッキリ系の旨味が中心ですが、より味わいは濃い目で甘みもはっきり。
 大人のカルピスソーダという例えは結構わかる気がしますね。
 そして、飲み進めるたびにより深く味わいが感じられて、いくらでも飲めそうなのはさすが而今といった感じ。

 やはり、自分が飲んだにごりざけの中で、この而今にごりはダントツのお気に入りです。
 ただ、昨年末居酒屋で飲んだ23BYの方がもっと味が乗って好みだったような…、まあそれはうまく熟成していたのでしょう。
 実は今回もう一本四合瓶入手できたので、こちらはちょっと寝かしてみようかな。

追記:開栓二日目になると、多少炭酸が抜けてより甘味が出てきました、渋味も若干増。
   スッキリ感は後退しますが、これはこれで違った感じで楽しめます。
   而今はどれも開栓後に甘みが出て、しかも味わいが崩れないのがほんと不思議です。

fc2_2013-01-01_23-05-11-287.jpg


名称:而今 特別純米 にごりざけ生
製法情報:生酒 にごりざけ
精米歩合:60%
酒米:五百万石
アルコール度:16.5%
酵母:三重MK4
日本酒度:不明
蔵元情報:木屋正酒蔵合資会社(三重県名張市)
製造年月:2012/11(24BY)
購入価格(税込):1,365円/720ml
お気に入り度:9.0/10

関連記事

拍手・コメント大歓迎。こちらも是非クリックお願いします!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
 

2013年01月05日 三重の日本酒 トラックバック:0 コメント:0

<< はちゅねミククッション はちゅね顔verゲット! | 酔いどれオタクの日本酒感想記TOP | 七本槍 純米搾りたて 生原酒中取り >>












管理者にだけ公開する